FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

最近の医師について嘆かせてもらう。

emoji_mutturi

いかん。今日も寝たきり。
抗鬱剤《リフレックス》の使い始めの眠さとだるさは、ハンパないぞ?
これ、仕事持っている人は使えませんよ…。(もちろん、個人差あり。)

だからといって、ぐーすか1日じゅう寝ていられるかというとそうでもなくて、たとえばうちのマンションはいま大改装中で、絶えず工事音がしているのだが、これがうるさくてたまらない。
パソコンルームにいるとそうでもないんだけれどね。
ベッドルーム側の工事がいま絶頂期を迎えていて、うるさいのなんのって、熟睡出来ない。

それから、昨夜は「こんなに眠くなる抗鬱剤なんだから、睡眠導入剤《サイレース》を1錠減らしてみよう」とやったのだが、それだとやっぱ足りない、早朝起きてしまうのね。
結局、ぼんやり・ゴロゴロの1日が続くわけで、なにやってんだか…。
んー。中高年者で、仕事やなんかでくたびれ果てたタイプの急性期うつ病患者で、休職中なんかにはいいかも知れませんねえ。
ワカモノは、これを飲むと、自殺願望が強く出たりして危ないらしいが。

それと、やっぱり食欲は出ているような気がする。
わたしの場合、まだ『過食衝動』と名づけるほどではないけれどね。
食事には注意しないと、間食癖のある人なんかは、ばくばくいっちゃうだろうな。
気になるのは、《リフレックス》は、「食べなくても脳内のナントカ受容体をいじるので、太りやすい体質に変化する」という噂もあることだ。
あーやだやだ。
精神薬って、ほんとーに太る薬であふれかえっているのよ。
それで、精神科医も『太る』ってことを、患者がどれほど気にしているか考慮しないことが多いのね。
中高年者がリンゴ型肥満になったとき、内科的問題が起こり得るのは、当然考えられることなんだけれど、まーいわば「自分の領域を治せばそれでいいや」的態度が見え隠れしなくもない。
でも、これって、精神科に限らずですね。
わたしが4年前に卵管腫瘍で即手術になったときも、はじめ内科にかかっていて、「異常なしです」で終わりだったもんな。
自分の分野だけ検査なり治療すれば、それでいいやみたいな感じ。

医者の悪口になってしまったが、忌憚ない意見ざますよ。
わたしは最近、あんまり医師というものを信頼していない。
「病気は自分で治すものだ」が基本としても、間違った方向にその手伝いをされちゃーね。
近年、医師不足が嘆かれているけれど、わたしは質的にもどーかと思っている。
(全員とは言いませんよ!)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。