FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

音楽との再会

onpu2

<書いている間に夜の12時を回ったので、日にちが1日ずれています。>

暖かくなるにつれ(あるいは日照時間のせい?)、だいぶ体調がよくなってきたので、午前中、《M》からのミッションを遂行していた。
(注釈:《M》の名の由来は、007ジェイムズ・ボンドの上司のコードネーム。)
ミッション内容は、パソコン入力の内職である。

《M》は超多忙な人なので、そのお手伝いをちょこっとだけさせて頂いているのだが、わたしときたら、《M》が寝る間もなく走り回ってんのに、のんびり音楽を聴きながら事務作業を行っているのである。
不遜だよなー。つか、走り回るべくはボンドの方じゃないのか?

内職の有難いのは、自分の好きな時間に好きな状態でやれるってところだ。
とくに、うつ病患者は、日によって、時間によって、体調が変化することが多い。
いくら単純作業でも、「○○日に必ず来ること」という仕事は、「…やれるかな…」という不安がどうしても出てしまう。
仕事でなくたって、そうだ。
前から書いているが、例えば市の無料ヘルパー派遣について打診したら、「精神障害の場合は日にちを決めて一緒にやってもらいます」という話だったので、速攻「無理だ」と思った。
友だち同士の約束だってそうだよ…。
今年の2月だったか、わたしは牡蠣パーティに呼ばれていた、ただその日はとても体調が悪かった、が、車で迎えに来てくれるというので無理して行ったら、案の定へたって、途中でタクシーで帰らざるを得なくなった。
それから、彼女らからの連絡は一切ない。

こーゆーことになるから、筋金入りのうつ病患者は、ほんとうに自分に自信のあるときしか外出しない。
結果、「どこが悪いの? いつも元気やん」と言われることになる。
マジで体調が悪くて床を這っているときなんか、人前に出ませんよ…、みんな離れていくからね。

少し話がそれたが、朝から調子よく音楽を聴いていたわたしは、久しぶりに懐かしい思いにかられた。
「あ、この曲…、高校時代を思い出すな、…うーん……」
「そうそう、こんな曲もあった、(一緒に歌う)あれ? 歌詞忘れてる…」

結論的に、ミッションを遂行するには、あまり好きな音楽をかけてはいかん、出来たら歌詞のないのがええな、ということで、ケニー・Gを取り出そうとしたのだが……、
なぜか、手に取ったのはYESだった。
"Owner of a lonely heart"という曲が好きで……、これ、わたしが健康だった頃から好きだったから、やっぱもともと屈折してんだな、わたしって。
そういうことで、なんだ、結局、歌詞のある音楽聴いてんじゃん、ってことになってしまった訳だが。

長い間、音楽への興味を失っていたのが、今日、久しぶりにCDをあれこれ漁っていたら、聴きたいものがいっぱい出てきた。
でも、聴くとその世界に入っちゃうから、いまも聴いていないけれどさ。
だからって、音楽の世界に浸るべく、リクライニングテェアに座って、まともなオーディオ(といっても20年前くらいのオンキョーだが。でかいスピーカーにいまは亡きグラフィック・イコライザー付き)で本格的に聴こうって感じでもないんだなぁ。
なんか用事しているときに、ふと「あっ、この曲…」みたいなのがいい。

それにしても、「音楽聴きたい」などという意欲が出てきたのは、いい感じだと思う。
じつは、音楽以外にも、昨日古畑任三郎の話を書いていたら、急にアガサ・クリスティーを読みたくなって、一冊(既読)ベッドの側に置いてある。
問題は、案外、時間が取れないことですね…。
昼間、寝ていたからなあ。夜は相変わらず、あんまり眠れていないのです。

スポンサーサイト



-

管首相のリーダーシップ未知数問題

100606kan

日曜日の昼のTVって、バカ?
管新内閣組閣の動きを、わたしは一切知らない。
それで今日、いろいろ日常雑事が一段落して、さー昼ごはん食べながらニュースでも見ましょうと思ったら、ことこどく、スポーツ番組とバラエティばっか。
仕方ないから、競馬を見ていましたよ。
ついでに、『サザエさん』の予約もしておいたわ。
あーーー不毛だ!!

TV局もきっと、日曜日はお休みの人が多くて、手が回んないんだろうな。
どうでもいいけれど、わたしは役所関係に電話をかけるときは、昼休みの時間帯を外したりする。
だって、間違いなく半数は昼ごはん食べに出て行っているだろうからさ。
せっかく電話しても、「あーえーっと…、いま担当者が席を外しておりますので」と言われるか、あるいはてきとーにあしらわれる確率が高くなることを考えると、どうせなら満腹状態で気をよくした職員に、じっくり話を聞いてもらいたいと思うじゃない?

さて、それはさておき、管首相がどんなリーダーになるのかって、皆さん、想像つきますか?
わたしは、つかない。
たぶん、間近に迫った参院選までの間は、ぎくしゃくした日米関係をこれ以上こじらせないように、穏便に動くだろう。
でも、選挙後は??

<<<ここで、『サザエさん』&居眠り>>>
なんでこんなことを考えるかっていうと、ツイッターでノルウェイの人が、「管直人という人は、中国寄りなのか、アメリカ寄りなのか?」とつぶやいていたからなのだ。
でもこれ、答えようがあります???
今度の参院選で、民主党がどれだけ議席を獲得するか、国民だってまったく想像もつかない混迷状態。
民主党が選挙で大勝利を収めたら、中国寄りになるかも知れん、でも大敗したら??
どんな連立与党が出来上がるか、見当もつきませんよ。

そんななかで、菅首相のあたまにあるのは、たぶん、鳩ぽっぽの大失敗を反面教師にすると、アメリカには逆らえない、けれど、民主党にいる限りは、中国の期待にも答えたい。
結局、外交面においては、自民党時代とあんまり変わらない政権になるんじゃないかな?
(靖国神社へは参拝しないだろうから、一部アジア諸国は大喜びするだろうけれど。)

だとすれば、結果論になってしまうが、大批判覚悟で書いてしまうと、西松建設問題で小沢さんがコケなければ、最初から小沢さんがやればよかったんじゃないのかという気がする。
彼自身もきっとそのつもりだっただろうし、田中角栄仕込みのタヌキぶりで、リーダーシップを発揮して、それなりにうまく立ち回ったんじゃないかなあ。
いま、日本に必要なのは、多少悪党でも「俺についてこーい!」と言える人物じゃないだろうか。

まーーったく関係ないけれど、細川大連立政権以降、わたしは小沢さんはいずれ首相になる人物だな、菅さんはなって欲しい人物だなと思っていた。
でも、いまのこの時期だと、菅さん、貧乏くじを引かされましたね、という気がしてならない。

わたしの予想では、日本の政局はまだまだ混迷時代が続く、国民は振り回される。
そのうち、ひょこっと小沢さんがまた出てきたり、大穴で田中真紀子さんあたりも出てくるかも知れないな。
田中真紀子さん、女の直感なんだけれど、民主党に入ったときから、こいつ(言葉悪いな)、首相の座を狙いに来たなと思った。
彼女も相当のタヌキだよね。

あれ? ってことで、いつの間にか、わたしは田中角栄の系譜を追っているな。
混迷時代には、いい人じゃ駄目だ、多少ワルモノでも、外国と渡り合って、国民をぐいぐい引っ張っていく豪傑じゃないと、やってらんねーんじゃないか。
ってことで、わたしは田中角栄を思い出すのかも知れないな。

該当の記事は見つかりませんでした。