FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

主治医に怒られる。

kaminari

今日は、精神科の通院日。
いま通っているクリニックは、昼間に患者が多いような気がするので、午前中、通勤ラッシュが終わった時間帯くらいに行くようにしている。

そしたらばさ。
電車から降りて、前を見ると、うひゃっ!!《AVに出ている清純派お姉さん》そのもの!! がいて、びっくりした。
もうね~~。なんなのよ、あの服装!!
白い清楚なブラウスのくせに、パンチラ状態の黒のマイクロミニ、そして彼女がややデブムチムチボディなので、スカートから肉がはみ出ていて、とにかくやたらエロい。
高くて細いヒールのパンプス、茶色のサラサラヘア、スカート以外は真面目そうな後姿。
加えて、その後姿を気にして、ブラウスをちょっと下げたりする仕草なんかをするんだよ。
あれ、マジでやばいっすよ。後ろからつけ狙われるぞ~。

――とか、人の服装チェックをしている場合じゃなくてですねー…。

今日の診察で、H医師は、最初から険しい顔をわたしに向けた。
あれ? 機嫌悪い? と思ったら、ああ…、机の上に、2週間前にやった血液検査の結果が。

「どーゆーことですか、このγ(γ-GTP)は」
「え。いくらですか?!」
「155です」
「たかっ!」
「尿酸値も高いですよ。8.5あります。どうしたんですか、これ」
「ビールの飲みすぎですね」←居直り状態。
「1日どのくらい飲んでるんですか?」
「350mlを6本です」
「もう、アルコール依存になっているんじゃないですか? このままだと、どんどん進んで、肝硬変になりますよ」
「アルコール依存症の人とは、入院中とか断酒会で知り合いましたが、みんな、わたしとは全然飲んでいた量が違いましたよ」
「それは、ほとんど男性でしょう。女性は男性より、倍くらいの速さで進みますから」
「はぁ………(返す言葉なし)」
「とにかく、このままでは駄目です。ビールを減らさないと。(尿酸値が高いと)痛風の心配だってありますよ」
「女性で痛風って、聞いたことないですけど」←あくまで悪あがき。
「でも、稀にはあります。いま、プリン体の少ないビールを売っているから、それに変えるとかしてください。あなたはどこか他人事のように話してますね。もっと、危機意識を持ってください」

てな感じで、大目玉をくらって帰ってきたのである。
なんか、精神科っていうより、内科に行ってきたような気分だな。

それで帰りに、いつもの酒屋へ寄って、その『プリン体の少ないビール』とやらについて尋ねてみたのである。
酒屋のおばちゃんは、よくわかった人で、
「それやったら2通りあるけど、いまマグナムドライを飲んでるんやったら、こっちの第三種の方はあかんと思うわ」と言った。
「ですよねえ。わたしも第三種は1杯目くらいはええけど、そのあとは気持ち悪うて飲まれへんから」
「そやろ? やっぱりこっち(発泡酒)やな。ちょっと高こうなるけどな」
「うーん。味見したいから、何本かだけ買ってみようかな…」
「うち、箱しか置いてないねん。そこらへんのスーパーであるから、飲んでみ。これはまあまあいけるで」

で、その足でスーパーに行って、プリン体99%オフビールを2本買って、うち1本を飲んでみたのである。
うん、悪くないね。
しかし…酒代がますます高くつくなあ……。
それか、酒代とともに酒量を減らすべく、べつの銘柄で250mlに変えようか(マグナムドライに250mlはない)、いま悩み中である。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。