FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

新しいクリニックでの診察

kanyo_shokubutsu3

今日は通院日。
最近は、2週間に1回、通院している。

病院を2ヶ月余り前から、この近くの小さなクリニックに変え、最初は「なんだか心細いなぁ…」と思っていたが、最近はわたしの方も徐々に慣れてきた。
小さいクリニックって、待ち時間が少なくていいぞ!
だいいち、まえのKっちのときは、診察は週2回午前中だけしかなかった。
いまだったら、Anytime OKである。

「いまは、"上がっていて"、具合いいです。料理も出来ています」
「うんうん」
「お風呂はまだ週1回とか…、あと掃除は出来ませんけど」
「えっ! 風呂に週1回??!!」
「あれ? そうですよ??(マジきょとん)いま、マシな方ですよ。月1回の記録とか、何回もありますよ??」
「――(一瞬ポカーン)まぁ。あんまり外に出てはれへんから…、あの、外に出て汗で気持ち悪かったりしたら、さすがに…」
「そうですね…、買い物に出て汗をかいたら、水シャワーくらいは」

わたしは、H医師を安心させるように言った。
あれ~? そういえば、言わなかったかなぁ。
うーん。重症患者の多かった前の大病院では、風呂に週1回患者なんか、ざらざらざらざらいたぞ?
おかげで、待合室が臭かったもんだ。
やっぱクリニックに来る人って、軽いのかな。

その後、「もっと眠りたいです」「運動が必要ですね」「うちの近所、運動する場所がないんですよ、いま暑いし」「通院、週1回にしたらどうですか。運動になりますよ。ははは、交通費がかかるけどね」などという会話が続き、結局、抗鬱剤を少し増やしてもらった。
これで、長時間ぐっすり、眠れるようになるといいんだけれどな…。

ところで、そんな会話の合間に、H医師から「あなた、ネットに詳しいみたいだから訊くけれど」と関係のない話が出てきて、
「うちに、あちこちから迷惑メールが来るんですよ。困ってるんですよね」
「それは先生、メアドが業者のブラックリストに載っちゃってんじゃないですか」
「ブラックリスト?! わたしは変なサイトに入ったりしませんよ?」
「いや、でも騙しリンクとかがあって、勝手にエロ・グロサイトに飛ばされるとか、どこにでもある話ですよ。行ったつもりでなくても、行かされているという」
「…リカバリにかかる時間って」
「…わたしがやったのは1回だけだし、データ数も少なかったし、すごく昔のことだから覚えていないです…」

そんで話は終わったのだが、待合室で会計を待っているうちに、「リカバリするほどの問題か? スパイウェアを徹底的に駆除してみたあとでいいんじゃ…」と気になって、あんまりアタマのいい人に助言とかしたくない、特にプライド高めな医師にはしたくないんだけれど、いちおー会計が来るまえに、「あのー、さっき先生に言い忘れたことがあって」と、H医師に話しかけた(←H医師がたまたま会計にいた)。
「メールの件、スパイウェアにかかっている可能性もあると思うんですよぉ、だからノートンの更新がちゃんと出来ているかどうか点検して……、(なにしろ、わたしのノートンは勝手にぶっ壊れいて、それでウイルス感染しちゃったんだからな!)」
「あはは、うちはじつは、NTTのセキュリティも入れているんですよ」
「えええっっ?!! 駄目ですよぉ、セキュリティソフトを2つも入れたら! 逆にファイアウォールに穴が空いて、危険になりますよ!!」
「…でも、最初からついていましたよ?」
「~~~いえ、でもふつう、セキュリティソフトは1つじゃないと駄目です。ノートンをインストールしたら、勝手にWindowsのファイアウォールは外れるようになってます。(危険だからじゃないか!)だから、またべつのものを入れたら……」
「へぇ? そういうこと、やってる?」
H医師は、受付にいた臨床心理士に尋ねたが、彼もどうやらよくわからないらしく、口をもごもごさせていた。
あかん。あかんでぇえええ!!
最近、ネット上のセキュリティ対策を知らない人が、各機関に多すぎる、という危惧を持っているわたしは、ますます「これは、中小企業なんかは、おそらく入られ放題…」という気がしてきた。

でも、言ったあとで後悔した。
ほんと、嫌なのよ。助言とか。
わたしだって、そんなに知っているわけじゃないしね。
あーやだやだ。知ったかぶりって、すごくカッコ悪い。
わたしはタダの患者で、わたしよりよっぽどアタマのいい人たちに、「差し出がましいことを言ってしまった…」と、院外薬局に向かいながら、とにかく後悔した。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。