FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

百億の昼と千億の夜

space

今日、やっと精神科クリニックが開いたので、混んでいるのを承知で行った。
――やっぱり、混んでいる。

わたしは、この事態を予測して、あらかじめ、先週の火曜日あたりから急に具合が悪くなったこと、その経緯などを書いておいて、見せた。
時間短縮のためである。少しでも、自分の話を聞いてもらうための。

H医師は、酒屋さんと長話することについて、「それはちょっと」と意見された。
「女性が一人暮らしで、玄関先とはいえ長話…、相手に期待を持たせてしまったのかも知れませんよ」
「! でも!! わたし、べつにふつうの話をしていただけだし、全然へんな話はしていませんよ?! あんなのが駄目だって言うなら、わたしはほんとうにいま、誰ともリアルで会話出来る人がいないわけだし、誰とも話が出来ませんよ!!」

ほんとうに、ほんとうに、そうなのだ。
誰も、誰も、リアルで会話出来る人がいない!!
わたしは、とても孤独なのだ。
「今日、暑いですね」「ほんとに」――そんな、他愛のない話をするだけで、どんなに気が楽になることか。
ましてや、真剣勝負で議論(わたしは議論好き)する人なんか、みーーんな仕事でどっかへ行ってしまっているじゃないか。

「わたしが毎日していることと言えば、チャットだけですよ。ほかに、話す人がいないからです。でも、あんなところに溜まっている人は、変な人ばかりです」
「変な人?」
「そうですよ。あんなところにいたくありません。でも、わたしには、リアルで会話出来る人がいないんです、苦しくても、誰にも相談出来ないんです」

変な人についての説明は出来なかったが、つまり例を挙げて言うと、秋葉原をトラックで突っ込んで何人もの死傷者を出した加藤ってやつ、いましたよね。
ああいうのの、予備軍がいっぱいいるんですよ。
平日の昼間、チャットなんかやっているのは、大抵そういう輩か、趣味も持たない暇な主婦だけだ――それにしたって、暇な主婦、その健康オレによこせ、もっと有効活用するから! って感じだな。

なんだかなー。
「あなたにスキがあったから」で済まされるのは、意に介さん。
あーもう、なんで、こんなへんな世界に足を突っ込んでいるのだ? わたしは。
わたしは、わたしは、元陸上選手ですよ、ふつー以上に健康人間だった人間ですよ?!
たまたま、走っていたら井戸に落ちただけだ。

いま、健康な人に忠告しておきたい。
病気になってから考えるのだ、「なんで自分なんだ?」って。
病気は、落とし穴か、上から突然降ってくる岩のようなもので、避けようがない。
ましてや、精神科ともなれば、「自分は絶対かかるはずがない」と自信を持っている人ほど、危ないかも知れない。
無理は禁物です。
ただし、「一生働かずに遊んでいたい」の偽精神疾患者は、勝手にびんぼーを嘆いてろって感じだな。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。