FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

ボランティアに応募する。

epuron

今朝は、突然、「ボランティアでもしようかな」と思い立ち、前々からチェックしていたボランティアの案内を、またネット上で見つめていた。
……数日前、ちょっと飲みに行っただけで、あんなに苦しい思いをしたのに、わたしも懲りないやつである。

でも、あの苦痛感を忘れることができず、わたしは友人Mに相談した。
「いけると思う?」「いいんじゃない?」という感じである。

ともかく内容が、わたしのマンションのすぐ裏手にある病院の介護施設なので、わたしは「今日は土曜日、午前中なら開いているよな」と思い、フラフラと行ってみた。
すると、現場の方が、快く接してくださった。

「あのー、わたし自身が病気で、つまり鬱病なんですけど、決まった時間とかに来れないかも知れないです…」と言うと、「いいですよー」と言ってくださるので、わたしは「それなら」という気になった。
そして、施設の案内をしてもらった。

おもに、介護保険を使って通所や入院などをしている高齢者の人々に、声をかけながらドライヤーをあてたり、食事前のお茶やおしぼりを出す、といったものだった。
午後は午後で、またおやつを出したり、いろいろあるらしい。
でも、時間もほんとうに自由で、好きなときに「今日行ってもいいですか?」でいい、というところが、わたしの気に入った。

傍らで、平行棒を使って歩行訓練をしている理学療法士や、通所の人のための筋肉トレーニングを指導している健康運動指導士と思われる人がいるのは、ちょっと気になったたが。
彼らが、わたしの記憶をまたよみがえらせないだろうか。

一応、「じゃあ、月曜日に来ます」と言って出てきた。
エプロン一枚持っていけばいいだけの単純作業である。
だが、人との接触を求めている自分にとって、これは適任かも知れない。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。