FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

Sさんの幼さ

otokonoko

お見合いパーティで知り合って、現在友人関係を続けているSさん(じつは鬱病患者だった)だが、今度の土曜日に、早朝から紅葉を見て、午後から鬱病セミナーに出ようというのである。
家では寝たきり状態のわたしには、激しい労作である。

しかもしかも! わたしがその土曜日の夜から深夜にかけて、バイトをしていることを知っているはずなのに?
――先輩面して悪いが、Sさんは鬱病としてはとても軽い。
倒れるところまでいっていない。
それが、この提案に結びつくのか。
それとも、若さのせいなのか。
わたしにはわからん。
なぜ、紅葉という美しいものを見たあとで、セミナーに出るのか。
マジ、さっぱりわからん。

Aさんだと、そのへんははっきりしている。
この日は紅葉の日だと決めたら、紅葉の日なのである。
このへんはすごくわかりやすい。
しかしなあ…、もしわたしが若いときだったとしても、紅葉とセミナーを一緒にする神経はどうかと思ったと思うぞ。
Sさん、ちょっと変。
それで、返事はまだしていない。

なにもかも面倒くさいので(いま鬱転している)、もう約束してしまったAさんとの紅葉だけでいっか、とも思う。
とにかく、説明するのが面倒くさい。
「体調が悪くて」これは事実だ。
「紅葉とセミナーが一緒ってどういうセンスなの?」これは言ってはいけない事実だ。
「どっちも一緒なんていまの自分には無理だよ」これは、「紅葉と見たい」と言いながら、セミナーの案内をしてしまった自分に対する無責任のような気がする。

――結局、わたしはどっちも一緒にされるくらいなら、約束を反古にしてもらいたいのだ。
じつは、身体がほんとうにしんどい。
その日、夜から深夜にかけて、バイトがあることを考えると、あたまがくらくらする。

でも、たぶんSさんはそんなことを考えもせずに、自分の掟どおりに、早朝から紅葉を見に行き、午後からセミナーを受けるのだ。
わたしはオマケか?
いろいろ考えると、まったく面倒になってきた。

Sさんは30代前半だが、若すぎる。
というか…、30代前半って、こんなにも若くて人のことを考えないものだったか?
違うだろ。
Sさんが売れ残っている理由が、少しわかったような気がする。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。