FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

年収600万円以上の男

wine

今朝起きたら、昨夜届いたらしいメールが1通あった。
さっそく開いてみると、あり…、この人、お見合いパーティで知り合った人だよ。
エグゼクティブコースで、年収600万円以上の男性が集まるパーティの中にいた人。
確かにお金持ってんだよねー。
しかも、気の利いた店をいくつも知っている。
ちょっとしたお姫さま気分を味わわせてくれる人なのだが、わたしが彼を蹴ったのは、彼がお食事2回目にして、早くもわたしをホテルに誘ってきたからだ。
ふん。安くみるんじゃないわよ。
――ということで、その後、彼からの連絡は全部無視していた。

しかしこの人、案外しつこくて粘り気があって、わたしがずーっと無視しているにも関わらず、「お食事しませんか」と何度も誘ってくるのだった。
そうしているうちに、わたしは鬱期に入り、寝込んで誰とも連絡が取れない状態になってしまった。
それからのことは覚えていない。
でも、1回くらいはお誘いがあったかも知れないな。

で、今日のメールを見たら、「お返事待っています」と、まるで王子さまを見上げる少女のような文章があったので、わたしは「このへんで終止符を打っておくか…」と考えた。
じつは、最近レトルトカレーとCOOPの宅配弁当しか食べていないので、気の利いた店の美味しい料理のことがあたまに浮かんだんだけれどね。
だがそれは、体調上、いまは絶対駄目だ。
親友と会うのも無理。
もっと気力が上がってこないと。

そんで、わたしは、自分のマイナスポイントをしゃあしゃあと返事に書いた。
「じつはわたしは躁うつ病で精神障害者なのです、この数ヶ月もずっと病気で寝たきりでした」。
嘘はついていないんだから、罪悪感はない。
年収600万円以上でマミーが大好きな男が、こーんな出来損ないの女、選ぶわけないもんね。
このハードルを越えてきたら、すごいと思うわよ。
そうなったら、次の、もっと高いハードルを用意するけれどね。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。