FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

食衝動と恋人KJの関係

bagextuto

現在ある過食症のような食衝動について、昨日、H医師は「東京に住んでいて会えないような人と付き合っているから、ストレスで食に走っているのだ」という見立てをしたが、わたしは帰宅後、その可能性について考えてみた。

……確かにわたし、冬にずっと会えなくて、すごく淋しくて苦しくて、それさえも恋人KJの多忙さに圧倒されて言えなくて、ずっと我慢してきた。
先日、やっと4ヶ月ぶりに会えたが、今度はまたいつになるかわからないという返事をもらって、もしかしたら、ショックを受けたんじゃないかな…。

よくよく考えてみると、H医師の見立てに対して、「100%それは違います」とは言えない。
この、へんな体調をさらに悪くしないためにも、わたしはすぐKJに連絡をとろうとした。

少しでも身体を楽にするために、緊急事態を匂わせて、「今日、電話で話できないかな」と切り出す。
KJは、昨日は沖縄にいるはずだったが、急遽、予定が変わり、那覇から東京へ戻ってきていた。

「夕ごはんもビールもまだだけど、最寄の駅に着いたら、連絡するよ」
この時間が、すでに21時である。
今回の出張は、強行軍であることを知っていたわたしは、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
こんな、へんな過食症もどきさえなければ、絶対こんな無理はさせないんだけれど。

なんだかんだ言いつつ、KJは電車の乗り継ぎの合間を縫って、うまく電話をくれた。
声は、少し疲れていたが、元気そうだった。

「ドクターが指摘した点に間違いはなく、じつは冬じゅう会えなくて、ほんとうはすごく淋しかったし、苦しかった。わたしは、次にいつ会えるのかわからない状態でおかれると、すごく辛い。せめて、10分でもいいから、電話が欲しい。次の予定も早めに設定して欲しい」
そんなことを言うと、KJは、電話に関しては、じゃあ帰りの電車の乗り継ぎのときにするようにしよう、と言った。
次の予定については…、これはたぶん、ほんとうに都合のつけようがないのだろう…。

でも、夜中に眠れなくて起き出してはラーメンを食べているとか、早朝からビールにピザを食べているとか、おかしい状態をKJはわかってくれているので、わたしの心と身体の悲鳴も、少しは届いただろうか。
しかし、ほんとうに…、これでおさまりがつかなかったら困るな…。

仕事人間のKJ、あなたはいったい、なんでこんな状態になることを予測しておきながら、わたしに言い寄ったの??
わたしは、最初にあなたが「大阪にはしょっちゅう仕事で来る」という言葉を信じてしまったよ。
あれ、ちょっとしたトリックだよな。
ずるいよ。KJ。これだけは、本人に向かって言えないけれど。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。