FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

青春を一緒に過ごした人


またまたダウン。
今日は午前中ずっと寝ていて、午後もまだ寝ている。

なーんにもしたくないので、ほんとにゴロゴロしている。
無理すると全然いいことがないので、しない。

昨日、久しぶりに青春を描いた漫画を読んで、ほんわかとした気分になった。
あーいいなー。
あの頃に帰りたい。
なんて考えるわたしは、完全にピーターパンシンドロームである。

高校時代のわたしにとって、大学生だった恋人KJは完全な大人で、全然手に負えない人だった。
だいいち、わたしが好きだったのは、一個上の別の先輩だった。
人生の、大切な時期をKJと共有しあえてよかったと思う。
と同時に、あれから30年も経って、ずいぶんいろんなことが変わってしまったなあと思う。

KJは、結婚して二男をもうけ、一人はもう独立している。
離婚してから二人の子どもを男手一つで育て上げ、世をわたるたくましさは、並大抵ではないものになっている。

わたしはといえば、バブルをぎゃははとはしゃいで過ごし、バブル崩壊後、そのしっぺ返しのようにリストラをくらってうつ病を発病、いったん治って再起の道に出たものの、また再発して、こじれにこじれて、自分を完全に壊してしまった。

でもねー。
障害者になるほど、バカみたいに遊びまくってなかったわよ、神さま?
これはなんの罰なの?

ともかく月日が流れて、またKJという青春の欠片を手に出来たことは、嬉しく思っている。
もう100%あの頃のあの人じゃないとしても、同期の誰とかに会う、とか、そういう話を聞くだけで懐かしさがよみがえる。

さて、わたしがこんな感傷に浸りながら横になっているあいだ、KJは今日は会社で、昨日きつく叱った部下が出社してくるかどうかで気を揉めていた。
部下を叱るのは、ほんとに嫌みたいだ。
52歳のおっさんになったKJには彼なりの世界が確立している。
わたしは、そのへんについては、高校時代同様、大人過ぎて全然わからないのだ。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。