FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

デイケアスタッフの悪口


昨日は、うつ病58?歳のFさんと、長いお茶話をして帰った。
だいたいは、Fさんによるデイケアスタッフへの不満話である。

Fさんはデイケアに通うようになってから3年であるが、最近、H医師から「一日500円でもいいから、働きなさい!」と強く言われているらしい。
ちなみにFさんは生活保護を受けており、求職活動もなんにもしていないのが、よくないのかな? と思われる。
いまのご時勢でFさんに職などあるはずないから、医師はまともな職を探すのではなく、とにかく作業所でもなんでもいいから、やってみろとけしかけているように見える。

んなわけで、Fさんはデイケアスタッフに相談することになるのだが。

はっきり言って、デイケアスタッフの年齢が若すぎる。
一番上が、45歳男性である。
その下は年齢不詳の女性だが、たぶん40代。
その下となると、30歳女性、同じくらいの女性がもう一人と、国鉄職員などを長くしていた58歳男性にとって、相談出来る相手は、ほぼいないのである。

「2回目の相談のとき、Mさん(30歳)に当たってしまって。あの子、初め来たときは蚊の鳴くような声やったのに、いまは大奥みたいにえらそーな態度やねえ。たった3年仕事しただけで、なにもかもわかったような顔して」
「確かにそーですねえ」
「一番上のSさんかって、この仕事10年してるって言うてるけど、10年間は仕事してないねんよ。ゆみさんの方が、職場経験あるんやない?」
「え! (確かに…)」
「だいたい、職場やのにずり下げズボンだのモモンガみたいなジーパン穿いてきて。もっとまともな格好したらいいんですよ。ここはね、大抵の人がいつの間にか消えていくけど、あれ、スタッフに嫌気がさすんです」

うーむ。
わたしも理学療法士の学校時代は、病院実習のとき、高齢の患者さんのなかに決して茶髪を好まない人がいるとわかっていたから、黒髪にしてたもんなあ。
どっちが主役かってことを考えれば、おのずと主役に合わせた行動に出るってもんだ。
それでいくと、モモンガパンツはやりすぎかも知れんな。

まー、あとたくさんの話をしたのだが、機会があれば書くことにしよう。

仕事か。
わたしも、あと2年もすれば、「作業所へ行きなさい」とか指導されるのかな。
知的障害者に混じって、IQ70と同じレベルのビーズ通しなんかをIQ130台(バカ高ではない)のわたしがやんの?
ああいうところでは、きっと有能なところを見せれば見せるほど、看守にいじめられそうな気がする。
いまだって、そんな気がするもん。
バカでおとなしくて、人なつこい子が生き延びられるのよ。
あほくさ。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。