FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

サークルから再び?


社会人サークルから呼び出しがあって、明日また来ませんか? 人数余っています、とのことだった。
行きたいけど…、あんまりしょっちゅうだと、いかにも男探していますって感じにならないかなあ。

目下、わたしの本命は、人のいい「カラオケさん」なので、二兎を追うもの一兎も得ず! という感じもしているのである。
明日、また鉢合わせたら、せっかくこんど一緒にカラオケに行こうって約束しているのに、身も蓋もないわよ。

そんなわけで、わたしはカラオケさんとカラオケ大会をするまでは、待ちの姿勢に入る予定。
あっ、一つ大きな問題点が見つかった。
カラオケさん、確かまだ35歳で若いんだった!
わたしとの差:13歳。
ギタリストMんちと同じじゃない。きもー。

ただ、カラオケさんは、健常者で社会に出ている人だから、圧倒的に落ち着いている。
これで、離婚歴ありの子持ちなんかだったら、女に対する憧れはとうに打ち砕かれているだろうから、いいんだけれどね。

それにしても、このアフターサービスのよさといい、価格の安さといい、わたしは社会人サークルを気に入ったわ。

そんで、社会人サークルは、お見合いパーティーと違って、基本立ちっぱだから、全身が見えることを計算に入れて、パンツよりも、男性の好きなスカートを穿いて、自分の自慢のパーツが浮き出るようにした方が、いいと思うわ。
でかいバストとか、くびれたウエストとか。
わたしは、カラオケさんを脚で釣ったのよ!
「綺麗な脚ですね~」
「昔、陸上選手してたんです」

で、話が広がるじゃない。
服装は、女に受ける服装じゃなくていいのよ!
どーせ、大半の男性は、「かわいい服だなあ」くらいしか見ていないから。
ちなみに、わたしは、カラオケさんに脚を誉められたとき、レギンスを穿いていなかった。
あれって、男性を、多かれ少なかれ、がっかりさせるみたいね。
そんで、台風の風のなか、パンチラ覚悟で行ったわけよ。
ふっふっふ。
正解だったわ。

さて、魔女の策略は、まだ続きます…。
しかし困ったことに、いまミニスカが穿けないんだよね。
左足太ももの表に、醜い打撲による内出血があるの。
すげーでかくて赤くて、まるでバラ星雲みたいよ。
気持ち悪い~。
ほんとうは、あと一回、ミニスカで駄目押ししたいのだが。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

スポンサーサイト



-

トランス


今日はしんどいので、カラオケには行かず、音楽を回して? いた。
亡くなったSさんからもらったシンセサイザーには、DJボタンという、訳のわからん機能が付いていて、リズムにいろんなアルゴリズムを組み合わせることにより、まるで「回している」みたいになるのだ。
だから、鍵盤が出来ない人でも、楽しめるよ。
コードをちょっと覚えなきゃ、面白くないかもだけど。

わたしはそれで、トランスをしていた。
トランス。
バブルで元気に働いていた頃、そーゆー音楽のかかるあぶねークラブに行ったりしていたわ。
どうやって行くかと言うと、欧米人についていくの。
彼らにはネットワークがあって、いまホットなクラブ、みたいなのをみんな知っていたのね。
そんで、メロディーのほとんどないトランスのかかるクラブで、欧米人たちは、マリファナをやっている、と。
あれ、よく摘発されなかったものだわ。
って、そーゆー場合、所持は知っていたけれど、自分は吸っていないわたしも引っ張られるの?
まいーや。
時効だよ。

とにかく、当時を思い出して、時々アホな曲や懐かしの曲の一節を、繰り返し入れたりすればいいんだよね、と右手でメロディー、左手でコードとリズムを操って、「あー回してる、回してる」と悦に入っていた。
ますます疲れたわ。

もし、デイケアの冬のクリスマス会で、一人で演奏することになったら、トランスの爆音リズムで『きよしこの夜』でもしてやろうかしら。
もちろん、ただの嫌がらせよ。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。