FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

バレーボールとカラオケ


あんまりじっとしていられないので、苦しさのあまり、デイケアのソフトバレーボールに参加してきた。
ソフトバレーボールって何だよ。
ちっとも思った通りに飛ばないじゃないか。
あと、久しぶりにバスケットボールと戯れて。
バスケットボールはいいわ、ちゃんと跳ねるから。

その後、この日はカラオケが半額だったので、ギタリストを従えて行った。
親分かよ…わたし。
ギタリストのおばちゃん彼女は来ていなくて、後釜を狙う第二のおばちゃんが、バレーボールが終わってから、なにやら誘っていたが、ギタリストは当然「ゆみさんとカラオケ行くから」と断っていた。
どこまで、おばちゃんキラーやねん。
思うに、優しいところがあるんやな。
わたしが、「薬の副作用で、一日じゅう、動いたり出歩かないと苦しい!」と話すと、「僕とこ電話してきてもえーで」とか。
だけどきみ、昔付き合っていたボーダー(境界型人格障害)の女の子にさんざん電話攻撃されて、ついに着信拒否した件があっただろうが。
病人を舐めちゃいかんよ…って、ギタリストも病人だけれどさ。

ま、そんな感じで、いまのおばちゃん彼女とも、ブツッと切れそうな気がするわ。
カラオケの待ち時間、レジにいた女の子のことを、しきりに「かわいいな」って言っていたしね。
それが正常な反応でしょ。
あとは、そういう女の子が出てくるのを待つだけよ。

ところで話を引っ張るが、わたしがズケズケと「きみと第二のおばちゃんって、微妙な関係だねー」とふってみたら、やつはむかつくことに、「なんで? ゆみさんと一緒に行ってるのと同じじゃないですか」ととぼけるので、もう一発くらわせてやった。
「わたしは恋愛感情ないで? でも、向こうはあるで?」
「いやー…ないですよ」
「(前、飲んだとき、第二のおばちゃんが自分に気があるのを知ってます、って断言したのに)」

わたしにとって腹が立ったのは、ギタリストが恋愛をめぐるおばちゃんたちと、自分を同列にされたことだ。
わたしにとってギタリストは、バンド仲間であり、5月に亡くなったSさんとの3人組の思い出を共有する唯一の仲間だ。
あとから来たおばちゃんたちは、その頃のことを知らない。
ああ、Sさん、せめてあと一年長生きして欲しかったよ。
Sさんなら強面だから、あのおばちゃん軍団、一掃してくれたと思うの。…

さて、なんかやけくそのように、この日はマイナーな洋楽ばっか歌ってやった。
わたしは、邦楽を知らないぶん、洋楽はたくさん知っているので、人からよく「いっぱい歌えていいなー」と言われる。
おっほっほ。
じつは、こんなものじゃないわよ。
マイナーな曲ばっかと言っても、やっぱり数曲はメジャーな曲を入れないと、一緒にいる人がつまんないでしょ。
だから、一応セーブしているの。
こんなわたしには、やっぱり一人カラオケがぴったりだなあ…。トホホ。
それか、先日社会人サークルで知り合ったカラオケ大好き兄ちゃんを呼び出すか。
時期的には、そろそろいい頃よね。

んなことで、今日もデイケアでウロウロしてきます。
もう薬は勝手に抜いたから、しばらくしたら、副作用の収まりもつくと思う。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。