FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

クリスマスプレゼント考

chuka

そういうことで、さんざん悩んだ挙句、KKへのクリスマスプレゼントは、パーカーのボールペンにした。
ネーム入りで、ちょっと高級感のあるやつね。
ボールペンくらい、何本持っていても、無駄にはなるまい。

これを決めるにあたって、わたしはネットで「男子に人気のあるクリスマスプレゼント」みたいなのを参考にしたのだが、全部高価すぎて、やっぱり参考にならなかった。
欲しいもの:靴って…、こんなの履いてみなきゃ、合うかどうかなんてわかんないじゃないか。
財布とかビジネスバッグとか時計にしても、好みがまったくわかんない。
わたしが思うに、男性は実用的なものを欲しがる傾向にあるようですな。
でも、それこそ、自分のこだわりがあるだろうから、やっぱこっちが勝手に決めてビンゴになる感じがしない。

「いままでもらって唖然としたプレゼント特集」なんてのもありましたな。
これは女性がもらった側だが、「315円の指輪」、「いかにもスーパーの隅で買ったかのようなネックレス」、「ふだん自分が着ないようなフリフリ服」、ほかになにがあったっけ。
反対に、女性が男性にあげてドン引きされたケースでは、「パンツ」「高価すぎる財布」なんかがあった。
パンツはいかんよねえ。たぶん、下着のパンツだと思うけど。
「高価すぎる財布」は、そんなに親密な関係じゃないのに…という理由で、引かれたらしい。
うむ。確かに、なんらかの関係を結ばされそうで怖い。

ということを考えると、やはりクリスマスプレゼントなるものは、「これ、欲しかったんだ、うれしー!」にならなくても、「うん、これあってもいいね」という当たらず触らずの線を狙うのが、無難かなあと思う。
もし、「これ欲しかったんだ、うれしー!」になって欲しかったら、あらかじめ欲しいものを聞いておくか、一緒に買いに行くかですな。

それにしても、かえすがえすも、クリスマスというイベントに、なんでプレゼントが必要なんだ?
誕生日ならわかるよ。
でも、クリスマスなんて、誰の頭上にも訪れるもので、その人だけの記念でもなんでもないじゃん。

クリスマスのプレゼントのなかには、「食事」も含まれるそうなので、今回食事に誘われているわたしは、KKにお返しとしてプレゼントを用意したが、これはまー仕方ないだろう。
KKのことだから、とびきりいい店を予約してあるに違いない。
食べっぱなしはよくないべ。
もっとも、いまわたしは食欲不振で、ほとんど食事が喉に通らないので、昨日ついにKKにそのことを打ち明けて、コース料理をアラカルトに変更してもらうようにお願いした。
KKは快く、承諾してくれた。
いい子なんだよねー。

ああ、それにしてもわたしって、デイケアでの高級ホテルバイキングのときといい、ここぞというときに限って体調を悪くして、食いっぱぐれてしまうのね。
今回の中華料理のコースって、どんなだったんだろう…。残念。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。