FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

ギタリスト2の助け



ギタリスト1の意地悪婆彼女が、わたしが嫌がっているのを知っていて、わざとイチャイチャして嫌がらせをするので、わたしがデイケアに行けないことを、主治医に明日言いに行こうと思う、とギタリスト2に言うと、まあ待て、俺がうまいことしたる、と言うので、そっちに乗ることにした。
「つまりな、男からしたら、それ言われたら嫌やーってことを言うんや」

へえ。
えらい自信ありげだな…。

「どうせあいつら、続かんで。お互い飽きてくるしな」
…だよなあ。
どうせ愛情のない、肉体関係だけで結ばれている二人だもの。
ギタリスト2がどこまで手腕を発揮してくれるかわからないが、あいつは長い結婚生活もあるし、まあいわば大人だから、うまくやってくれるだろう。

ところで、そのギタリスト2に、「なんだかギタリスト1に着信拒否されてる気がする」と言ってみたら、彼は電話ごしに笑いながら、「それ、絶対女にやられとるわ!」と断言された。
げー。
恋仲でも何でもない女性のアドレスを勝手に着信拒否にするなんて?
そんな人いるの?
気持ち悪い!!
いったいいつから…。
そんなにまでして、彼氏を独占したいのだろうか。
でもこれ、もし身に覚えのない着信拒否があったら、即ギタリスト1の彼女に対する心証が悪くなるよね。
どういうつもりだろ…。

ともかく、ギタリスト2が「結局、仲を悪くして、別れさせたらええねやろ?」と軽く言ってくれているので、望みを繋ごうと思う。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

スポンサーサイト



-

H主治医に緊急電話


まえの記事が下書き状態で投稿されていたため、公表が遅れました、すみません。

さて、昨日の夜、わたしはとても具合が悪くなってしまい、いわば半狂乱になってしまった。

駄目なのだ…、もともとわたしは、正しいことが正しく行われていないと腹がたつようなところがあったが、今回の「女につけ回されて意地悪されて、デイケアに行けなくなっているのはわたしなのに、なぜ向こうが1日じゅうデイケアをデートの場にしているのが許されるのだ?」というのがどうしても納得がいかないのだ。
それで、わたしはH主治医に電話した。
うん。
日曜日でもいつでも、緊急電話に応じてくれるの。
すごく親切だよね。

H主治医はすぐ電話に出てきてくれた。
「夜分、失礼します」
「どしたん?」
「じつはわたし、ほんとはデイケアに行きたいんです。でも、あのカップルがいますよね。それで、女の方から付き合い始めからつきまとわれてて、いまでもイチャイチャしているのをわざと見せつけて嫌がらせするから、わたし行けないんです。他にも、最後のロッカーを音を立てて閉めてみせたり、…あとこれはあくまで推察ですが、どうやらギタリスト1に着信拒否に遭っているようなので、それをギタリスト2に言ったら、絶対女の仕業や! って言うんですね。…」
「付きまとわれてたって、何や?」
「ええっ?! 先生、ご存知なかったんですか!! ケースワーカーのSHさんも認めてたんですよ!!」
「聞いてないわ。とにかくその件は、スタッフ集めて精査します」
「…わたし、もしどうにもならなかったら、切り裂きジャックやりますよ。(ここからの内容がキチガイ)突然カッターで女の服を切り裂いて、みんなの前で素っ裸にします」
「っ…」
「わたし、傷害罪なんか全然怖くないですよ(どうせ社会的に殺されているし、執行猶予がつくだろうし)」
「やればいいじゃないですか」
「そうですか…」
「うちから、ほかのデイケアを紹介することも出来るで(自分のデイケアで事件を起こされたら、ひとたまりもないもんな)」
「どこですか」
「(あたまの回転の速い先生が10秒も考え込む、わたしはないんだと判定)…××にも○○にも△△にもあるし…」
「…そうですか」
「まあ、この件は精査します。それでええか? 」
それで電話を切ったのだが、あの様子じゃ、おそらく何も変わらないな。
しかし、どうしてデイケアをデートの場に使っているカップルが許されるのだろう。
ギタリスト2の話では、ギタリスト1に話しかけるチャンスもないほど、二人は1日じゅうべったりなんだそうである。
まあ、わたしは特に、付き合い始めからマークされて、付きまとわれて、意地悪されて、挑戦されたから、ナーバスになっているんだと思う。
だってよく考えたら、もし付きまとい行為がなかったとしたら、そんなに気にならないもんな。…

そうか。
わたしはあの女の、醜い独占欲が嫌いなんだ。
そしてそれを勲章みたいにつけて、ふんぞり返っているギタリスト1を軽蔑しているのだ。

まあ、あの二人はギタリスト2が言うように、どうせ長くは付き合っていられまい。
少なくとも、男はちょっと前まで、別れるタイミングを見計らっていたもんな。
いままた不思議とベタベタになっていて、なんか環境に変化でもあったのかなって感じだけど。
それにしても、わたしの行く末はどうなるんだろ。
新しいデイケアに行って、新しい出会いを求めるのも、悪くないけどねー。

わたしが家で荒れるのを恐れている両親が、今日さっそく紹介してもらおう、としきりに言うのだが、H主治医は「こんなことくらいで、入院する必要もないしね」とのんびり構えていたから、たぶん早急に新しいデイケアを紹介してくれるってことはないと思うよ。
母曰く、わたしは相当キチガイだったつもりなのだが、なんだか理路整然としゃべっていたんだって。
どこまでも頭が固いな、わたしは…。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。