LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

バンドメンバーの招集

sofa

今日もどことなく疲れているなか、デイケアに行ってきたのである。
なんだか来ている人が少なかった・・・。

わたしは、ギタリスト1に、しばらく会えていないことが気がかりだった。
もう、まえにあった公衆便所連れ込み未遂事件については、わたしは綺麗に忘れ去った。
洋楽カラオケバーでの強烈な思い出が、それを上塗りしてくれたのである。
ある意味、ショック療法といってもよかった。
しかし、ギタリスト1はもしかしたら、なんだかんだと強いことを言って、実はまだくよくよ悩んでいるのではないか。
今日は、元カノのババアも来ていたし、彼にとって地雷は2つもあるのである。
自らの犯した責任とはいえ、ばつの悪さはどうしようもないだろう。

彼が来なくて困るのは、クリスマスの時期にデイケアでやる、毎年恒例・クリスマス会での演奏の打ち合わせが出来ないことだ。
まだ早いように思えて、これで人選びだの、曲選びだので、時間がかかるものなのである。
「一緒にやろうな」って約束したけれど、やっぱりやめる、とか言ってくるかも知れないし、わたしはじりじりしている。
なぜなら、ギターはやはりギタリスト1の力が必要で、ギタリスト2だけじゃ弱いのである。
それになにより、一度約束したものを反故にされるのは、嫌な気分だ。
あんなことがあったことは忘れよう、とお互い意思表明をしたのだから、さっぱり洗い流して欲しい。

万が一、ギタリスト1が抜けるとなったら、わたしはしょうがないから、ギタリスト2とベースのIさん(45♂)を招集するだろうな。
でもこの二人、技術的にまだまだだから、前途多難である。
きーっとなって、怒りまくってるんじゃないか、わたし・・・。
どうも、うまくいきそうにないな。
むー。
やっぱり、ギタリスト1、早く出て来いよ、って感じである。
男のくせに、自分が誘ったくせに、そんなに傷ついたのかよ・・・。

わたしは、神経の弱い男は嫌いだ。
周りにいる精神障害者の男性たちが、みんな神経が弱いからかも知れない。
精神的に、健康で、なんでもとりあえず、わっはっはと笑い飛ばせるくらいの図太い人がいいな。
神経の弱い男たちの相手すんの、ほんまに疲れる。
わたしも強いわけじゃないから、でかい口はきけないんだけどね。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。