FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

クリスマスキルトとか

xmas_quilt

昨日は12月1日ということで、デイケアのクリスマス実行委員としては、内装をクリスマス仕様にがらっと変えるという計画を立てていた。
デイケア開始直後から、バタバタとクリスマスの絵柄の包装紙を取り出すわたしたち。
もう、手順は最短になるように、二人ともあたまの中に入っているのである。

料理が始まってしまうと、ホコリが立てられないので、急いで天井付近の梁の長さを計る。
ここに、包装紙を貼るのだ。
そして、その通りにカッターで包装紙を切って、余ったぶんをどうするか考える。
大きさから言って、わたしはキルト状のものをつくって、ドアから入ってきた真正面の壁に、それをくっつけることを提案した。
うーんと考えて、二人は貼らずに手で当ててみて、ドアからぱっと入ってみた。
「うんっ!いける!!」

すごく目立つのである。
それになんだかサプライズだ。
たぶん、過去10何年かにおいて、ここを飾ったやつはいないと思うぞ。
やっぱりわたしって、奇才? なんちて。

なにしろ切れっぱしなので、2枚に分かれたただの2つの長方形の紙である。
このまま貼っても変なので、2つの間にパソコンから「Merry Christmas!」の画像を取り出して最大の大きさにして印刷して、長方形の紙の間に貼る。
すると、わ~かわいい! のクリスマス・キルトが出来た。
うん、我ながら上出来でしたよ。
みんなも、あとで集まって見ていた。
そうよ、去年みたいに、ちまちま折り紙つくって、努力の割には見た目が地味、なんてもったいないわよ。
去年のことをケチると、スタッフに怒られるっていうんで、もう一人のKさんも、こころでは思いっきりケチってるんだけど、一度スタッフにたしなめられたので、飲んだときにしか言わない。

そんで、午後から料理が終わってから、わたしたちは梁を包装紙で包んだ。
しかし・・・長さがちょっと、足りないんである・・・。
Kさんのモットーは、「去年と張り合わない」なのだが、張り合っていなくても、この空間、なんか気になるんだよなあ・・・とわたしは思っていた。
帰りに、最近恒例となってしまったKさんとの飲み会であるが、「もう、あの部分はあれでいいですよ。スタッフはなんか、今日からがクリスマス会の飾り付けのように、みんなに話してたけど、俺らのなかでは終わりやから」と言うのであった。

飲んで帰ったとき、わたしは想像以上に疲れていて、珍しく居眠りなんかもしていたのだが、帰ってごはんを食べていたら、ふと、「あの部分に、またパソコンから画像を取り出して、なんか貼っつけたらいいんじゃないの」と思うようになった。
そんで、嫌がられるかもと思いながらも、Kさんにメール。
すると、Kさんは、「去年と張り合う必要はないと思うけれど、やりたいならやってもいいですよ」と返してきた。
じゃあ、遠慮はしないわたしである。
「それなら、水曜日に、ゲームの絵を印刷するのと同時にやって、午後から貼りましょう」ということにした。
わーい。
これなら、あの気になる空間も、気にならずにすむね。
ただし、さっきも書いた通り、わたしは案外身体のダメージを受けていて、今日も身体が重いのである。
あんまり無理しない方がいいな・・・と思っている。

あと、ちょっと難問が待っていて、じつはBGMのクリスマスソングなのよ。
あの、ちょっと的が外れたギタリスト1の追っかけファンのおばさん・Yさん(52?)が、BGMにとCDを2枚持ってきてくれたのは嬉しいんだけど、一枚目の山下達郎の全部クリスマスソングなやつはOKなのよ、だけどもう一枚が謎。
全然聴いていてクリスマスな感じじゃないし、かかったとたん、その場にいた人々が?となった。
中身を見ると、やっぱりタイトルもクリスマスじゃないし・・・、ああ、1曲くらいはクリスマスって書いてあったかな。
甲高い女のボーカルで、気分も悪いわ。
わたしは、これ何ですか、と思わずYさんに尋ねたのだが、「これ、△△事務所の歌手がみんなで歌ってるねん。×××××って歌手知らん? へえ、知らんの?」と、これまた的の外れた答えが返ってきた。
どうでもいいけど、昨日はギタリスト1がいなかったので、彼女は彼女の本命・スタッフのSさん(46?♂既婚)のところへ行って、「×××××って歌手、知ってますよね?」と確認していた。
Sさんは、「ああ、名前だけは」と答えていたが、そんなこと、どうだっていいんだよ~!
なんで、これがクリスマスソングなの?
――わたしは、クリスマス会実行委員の権限を利用して、このCDにNGを出すことにした。
NGを出したのがわたしだって、思い切りYさんにばれそうだが、こればっかりは仕方ない。
クリスマスにそぐわないものを排他するのも、クリスマス実行委員の役目だろう。

KさんはKさんで、「スタッフのMさんが、これからクリスマスの飾り付けやって言うてたの、あれもう終わってるからって言おう」と決意している。
うん、二人とも美意識が高いから、へんな人に手伝われたくないんだよね。
まー、あと梁に少々絵を貼るだけだから、ほんとの終わりだわ。
緻密なわたしたちのスケジュールでは、水曜日に記憶力クイズの絵と梁に最後の絵を貼るところまでを終わらせ、その次は、ゲームの概要をスタッフに示した書類書き、あとは本番に向けての予行練習と、ほとんどすることも順番も決まっている。
たぶん、時間余るな。
みんなの目には、ソファで座って談笑ばかりしている、なにもしない実行委員として映ってるんだろうな。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。