FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

マイクが急に欲しくなる。

head set

昨日、急に、マイクが欲しくなったのである。
いや、もっと言えば、ギター型の肩から吊り下げるキーボードと、セットでだ。

マイクも、ふつーのマイクじゃなくて、ヘッドセット型のもの。
要するに、わたしは動きながら、演奏して歌いたいわけね。

そんな考えが浮かんだのには、理由がある。
なにかバンド活動が出来る場があったとしても、いつもメンバー集めに苦労するからだ。
今回も、3人いたのが、最終的には2人。
その、相方のギタリスト1も、拠点をデイケアから作業所に移ったことで、今後だんだん疎遠になっていくだろう。
だからわたしは、一人で好きな音楽を、思いっきりカッコよくやりたいと思うようになったのだ。

問題は、ギター型のキーボードは、たぶん軽くするために、機能も劣るだろうということである。
リズムボックスなんか入ってんのか?
まあ、これは楽器店で見てみないとわからない。

わたしがやりたいのは、ルパン三世とか、007メドレーとかである。
まー、これだけなら、いま持っているキーボードでやるのが正解だろうな。
ギター型キーボードをわざわざ買って、それで弾く必要はまるでない。
それでも、わたしはギターがやりたいんである・・・。
高中正義の”Alone”とか、サンタナの”哀愁のヨーロッパ”とかも、ギターっぽく冗談で。

まー、ギター型キーボードで一人で演奏するとしたら、音源が絶望的にないので、テープに別録音して、それをバックにギターやらベースをやるっていう形になるかな。
でも、それじゃあ、フェスタなど、正式な大会には出れないな。
やっぱり、ギター型キーボードは無駄か。
ふう。

ということで、昨日寝るまえに、「あっ、じゃあマイクだけでも買おう」と思ったわけである。
今回のクリスマス会でも、マイクは1本しかなくて、あと1本はギタリスト1の所有物として、マイク立てとともにやって来る。
すると、マイク立てが1つしかないので、歌う人がそれを使うとしたら、ギタリスト1のアコギの音を拾うマイクを、誰かが支えておかなきゃならないという不格好になるのである。
そんなとき、ヘッドセット型マイクがあれば、カッコいいじゃん? とお気軽に考えたわたしは、ギタリスト1に早速メールを送った。
すると、すぐさまギタリスト1は電話をかけてきて(この人が電話をかけてくるのは珍しい)、「どういうこと?」みたいな話になった。
わたしが、自分の考えを述べると、結論的に「ピンキリじゃないかな。やっぱり、一度見てみないと」ということになった。
それで、ギタリスト1が、「俺も見ようかな・・・」と言ったのを捕まえて、「じゃあ、一緒に行こう!」と誘ったのである。

しかし、ギタリスト1に聞いてみたら、当たり前だがヘッドセットは無線なので、音を飛ばすためのキカイが付属であるとのことだった。
・・・キーボードとその足の7Kgでギリギリのわたしが、どうやってそのキカイを持つの・・・?
なんだか、ちょっと無理な感じがする。
えーん。
カッコよくマドンナしたいよ~。
踊りながら歌うの。
音楽的には、いろいろしたいことがあるのよ、わたしは。
荷物の重さの問題は、なんとか解決出来ないものかしらね??

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。