FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

ギタリスト1の音痴?の件

onpu2

最近、デイケアの後で、必ず、同じクリスマス会幹事のKさんと飲んでいる。
おかげでずいぶん親しくなり、お互いいろんな話をするようになった。

そこで、わたしはかねてから気になっていた件を、Kさんにぼやいてみたのである。
じつは、ギタリスト1のことなのだ。
彼は、ギターは上手いかもしれないが、歌はちょっと・・・? とわたしは思っている。
今回の達郎の”クリスマス・イブ”についても、メロディー通りに素直に歌ってくれればいいのに、なんか妙な節回しが入るのだ。

そしたら、彼とデイケアでカラオケに一緒に行ったことのあるKさんが言った。
「そりゃそうですよ。彼のはフォークだもん」
「そういえば・・・長淵とか好きなんだよな・・・」
「YMさん(おばあさん)が歌った歌に感動した、とか言って。なんであんなので感動するのか、変ですよ」 ←(わたしと同じく、美意識が高い)

そういえばまえに、ギタリスト1とカラオケに行ったとき、彼は何を思ったか、布施明を歌ったのよ!
元カノババアの影響だと思われたが、わたしが原曲のフランク・シナトラの”マイ・ウェイ”返しをしたら、「これが原曲ですか??」とびっくりしていた。
おい、知らずに本気でいいと思って、歌っていたのかよ・・・。
重症だな・・・・・・。

だから、ギタリスト1とわたしは、じつは音楽的にマッチしているわけではない。
お互いで妥協点を見出しているだけだ。
わたしはエレクトーン出身だから、エレクトリックな音でなにかやりたいと思うし、向こうはフォークだから、アコースティックになにかやりたいと思っているんだろうし。

つきましては、クリスマス会も、マイクなしで歌うことになってしまったわ。
アコースティックにマイクは要らないんだと。
でもさ、ピアノでもマイクなしだとちょっときついのに、電子楽器であるキーボードの音に、生声が対抗出来るわけないじゃない。
・・・と相談してみたら、「じゃあ、音量下げれば?」だって。
そんな問題じゃないだろ。
音量下げたら、自分のギターの音だけになっちゃうじゃん。
わたしが弾く間奏まで音が小さくなっちゃうのよ。
考えが浅いなー。

でもまー、クリスマス会はオーディエンスのレベルも低いので、あんまり主張して、しんどい思いをするのはやめにしよう。
楽しく、楽しく。
音楽って、プロでなければ、苦しんでやるもんじゃないもんね。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。