LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

デイケアでのプライド

hanami_bento

昨日、デイケアに行ったら、「あれ? 今日はお花見の日ですよ・・・」とのっけから言われる。
「あっそうですか。すみません!」
「うーんと。えー・・・」

スタッフの人は困っていた。
でも、そこは困るところじゃないのにな。
もう、申し込みをしなかった人は、絶対にレクリエーションに入れないことは決まっているのだ。

そこで、「いいです、いいです」とわたしが尻込みして帰ろうとしたら、若いスタッフが「いえ、持って帰ってもらわないと困るんです」と、4月のスケジュール表を出してきた。
あ・・・、わたし、忘れていったのね。
それにしても、「~してもらわないと困る」って言い方、気になるな。
べつに、わざと置いていったんじゃないんだし。
これも、わたしの考えすぎだろうか。
なんだか、胸がモヤモヤする・・・。

帰りに、考えようとしなくても、なんだか憂鬱になってしまった。
ふつう、大人が大人に言うんだったら、「~してもらえませんか」じゃないだろうか。
んー・・・、「~してもらわないと困る」、明らかに上から目線だよな・・・。
ちょっとオツムの弱い人に、言って聞かせるような感じ?
それともわたし自身が支離滅裂で、ちゃんと言ってきかせないと駄目だと思われている?

どっちにしても、精神保健福祉士はれっきとしたプロで、精神障害者をサポートする人々だから、わたしたちに必要な存在である。
こちらから離れても、損するだけだ・・・。
しかしやっぱ、障害者になるっていうことは、いくつかのプライドを捨てることになるな。
助けを借りないと生きていけないわけだから、どうしても、ふつうの人のようには扱ってもらえなくなる。
これからも、子ども扱いされんのかなー。
しんどい人生だな・・・。

わたしは、帰宅後、また自室でじーっと考え事をした。
デイケアなんて、どうせキチガイになった自分を、再確認するだけだ。
デイケアには、履歴を訊いたら、信じられないような実績をもつ人たちが結構いる。
あれもたぶん、途中でなんかあって、「発狂」した人たちなんだろうな。
よく、頑張っているよなー・・・。

わたしはどうも、根性が足りないので、「デイケアなんて、もういっか。一人でゆっくりしてる方が楽」と思ってしまうのだが、それでは、やっとデイケアに出始めたH主治医およびデイケアスタッフに、残念な思いをさせてしまうだろう。
一応、週に1回は行く! と決めたんだしな・・・。
あらゆることに、耐えうる精神力を養うのも、目的の一つのようだし。

もう、過去を悔やんでも仕方ないが、その精神力の修行の場が、なぜ企業・その他ではなく、デイケアなのかというところだ。
もちろん病気の性質もあって、就労不可だからなのだが、正常だったときの自分が納得していないのである。
なんで、目の前にいるのが、上司じゃなくて、学校を出たばかりの若い女子なんだろ・・・。
いまの世の中、珍しくもないそうだけれど、なんだか落ち込むんだよね・・・。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。