LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

末期ガンの父に思う。

700kei

昨日は、両親が福岡へ出向いた。
末期ガンの父が、兄弟に会うためである。

父はいま、腹水が溜まり始めていて、最後ともいえる治療を始めようとしている。
ふつうに歩いているが、食欲がなく、お腹が張るという。
なんとなく、あと数ヶ月じゃないか・・・と思えてくる。

元彼Sちゃんちのお父さんもガンで余命宣告されているが、こっちはえらい気の使いようである。
「毎日、好物を買って帰るんだ」という。
「そんなに大袈裟なことしたら、勘のいい人なら気づくんじゃないの」とわたしが切り捨てたら、向こうは必死で、「いや、いつもこんなふうに、会社帰りに買ってきたりするんだ。いいところだけ食べて、残したりもするんだよ」と口数が多くなるのだった。
ふーん・・・、87歳だっけ? のお父さんでも、やっぱり死ぬとわかると、子どもは動揺するのかなあ。
人のことはわからないけれど、わたしは、父がガンでもう治りませんとわかってからも、平静である。
これって、躁うつ病だからなのかな・・・。
だとしたら、うつ期に入ったとき、不幸かもな・・・。

もう一つ、わたしが非情なのは、いまから葬式のことを考えているところである。
葬式には、同じく躁うつ病の妹がやって来るだろう。
お互い、会えば火花どころか爆発する、危険物のようなものである。
どんな顔をして、立ち会えばいいのだろう。
わたしにとっては、社会的地位のある義弟に、脅迫を行ったという事実があるので(←覚えていない)、この人になにを言えばいいのか。
やっぱり、黙ってやり過ごした方がいいのかな・・・。
父には悪いが、葬式は、険悪なムードになるかもしれないな・・・。

さらにわたしには、まだまだ考えなければならないことがある。
躁うつ病は、葬式や災害などにより、一夜にして大躁転することがある。
なのでいまのうちに、H主治医に状況を話して、軽躁を落ち着かせて、脳みそを安定させなければならない。
父の看病で忙しいときに、入院沙汰になったりなんかしたら、大変だよ。
でも実際、そういう例があるから、注意しないといけない。

と、勝手にこんなことを考えているが、父はなんか・・・、もういまのわたしを半分諦めている感じがする。
彼がほんとうに愛しているのは、病気になるまえのわたしじゃないかな。
先日、わたしの20・30代の写真をかき集めて見ていたが、40代の写真は取り除かれていた。
病気とはいえ、暴言・暴力を繰り返し、警察を呼ぼうとするところまでいった娘を、男親としては許容できないのかもしれないな・・・。
父のこころの中で消された、いまの自分に胸が少し痛むな。

該当の記事は見つかりませんでした。