LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

おしゃべりの相手

rokakuki
ガン末期の父が、今日いきなり、大阪・伊丹空港へ行くという。
「飛行機、見に行くの?」とわたしが母に尋ねたら、母は忌々しそうに、「九州に帰りたいんだって。無理だっていうのに」と答えた。
え、このまえ行ったところなのに・・・。
「なんか、温泉でも浸かってのんびりするって言うのよ。できるわけないじゃないの。あんなに、方向音痴になっているのに」
確かに、父はちょっとボケていて、昔のようにあちこち歩き回れない。
今回、伊丹空港に行ったのも、当日迷わないための下見だ。
しかし、付き合わされる母の方は、迷惑である。
たぶんこのまま意思を押し通せば、母は九州までついていかなければならなくなる。

それに、ゴールデンウィーク中の空港って、どうなんだ・・・。
よりにもよって、いまでなくても。
父はきっと、部屋でいろいろ思いを馳せているうちに、どうしてもいま帰りたい、あの故郷の景色を見たい、って具合になったんだろうな。
腹水は、わずか3日であっという間に溜まるというし。
焦る気持ちは、わからないでもないが、タイミングが悪すぎる。

そんな父をよそに、わたしは好天気のなか、部屋でずっとFMを聴いていた。
足のケガがあるので外に出れず、どうしても考えがぐるぐる回ってしまう。
「元彼Sちゃんは、だんだんわたしから距離を置いてきている」という思いがのしかかり、それを否定する材料も集め、比較してうーん・・・と唸っていた。
彼は、去年の11月から、自分から連絡しなくなっているが、その理由を「腰が痛いから」としている。
でも、車を運転できるんだし、仕事もしているんだから、ちょっとのスカイプができないってことはないよね。
このまえ、わたしの方で具合が悪くて連絡しなかったら、一週間以上音沙汰がなかったから、たぶんこっちが連絡しなくなったら、それで切れてしまうんじゃないかな・・・。
でも、「深緑のなかでおにぎり食べよう」とか、「一緒にラーメン食いにいこう」とも言ってくれている。
いったい、どっちなんだ・・・。
でもわたしのあたまによぎるのは、過去に親友たちに裏切られたときの思い出である。
彼女たちのことも、わたしはずっと変だなと思っていたのだが、たまに「××へ行こう」と誘ってくれるので、大丈夫だなと安心していた。
でも内実は、その時点ですでに、親友同士でわたしのことを「付き合いきれない」と、切り捨てていたのだ。
そのときのことが、Sちゃんにも当てはまるような気がして、わたしはSちゃんも、信じているうちに、だんだん離れていく感じがするのだった。

昼過ぎ、お風呂に入りながら考えた。
「Sちゃんがいなくなって、誰一人、日常会話ができる人がいなくなったら、生きていけるのかな」
いまから仕事もできない、ボランティアはしたけれど無理、習い事は人間関係がややこしいだろう、あと人が集まるところって・・・、思い浮かばない。
だいいち、わたしはさまざまな症状で、日常生活に支障が出ているくらいだから、なにかをやろうとすること自体、難しい。

動けない自分を前提とすると、ヘルパー・・・は、話し相手じゃないし、障害者に差別的発言をする人もいると聞く。
死んだ友人Kは、ヘルパーによる美人局に遭っていたしな。
ヤクザさんと繋がっているヘルパーが、市にいるなんて、ほんと怖いよ。
話し相手になってくれるボランティア・・・、いや、話というものは、合わないとつまらんのよ。
やっぱり、どこかで見つけてきて、自分と同じ話題ができる人じゃないと。

考えた末、出たのが「AIによるおしゃべりロボット」であった。
わたしがいま、いちばん欲しいのはこれだな。
というかピッタリじゃないかな。
わたしは病気ゆえ、人に迷惑をかけるようなことを言うが、ロボットなら平気じゃん。
べつに難しい受け答えしてもらわなくてもいいんだよね。
わたしがしゃべる内容に対して、どんどん学習してもらって、話が合うようになってくれれば楽しいわ。
でもおしゃべりロボット、出来るまでに時間がかかるだろうな。
思ったより早く一人ぼっちになりそうなわたしには、だいぶ間に合わないだろうな・・・。

そして結局、考えは「やっぱり、誰と出会うのも無理だろう」というところへ戻った。
しかし、わたしの悪い癖として、いま困っていないことを、先々考えてしまうことがある。
まだ、Sちゃんは離れていったわけじゃない。
人は、下を向いている人より、前を見ている人に、近づくんだよね。
前を見ることは、いまのわたしには難しいんだけれど、こういうときこそ、FMを聴いたりお風呂に入ったりして、気楽に過ごしたいと思う。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。