LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

痩せすぎとか

josei_ashi3

昨日は、通院日だった。
診察室に入ると、いつものH主治医と違って、まともな受け答えをしてくれるので、これはわたしの方がまともになっているんだなと思った。
自分じゃ、わからん・・・。
「今日は、採血しましょう」と言われて、採血室へ行った。
わたしの飲んでいる薬は、定期的に血中濃度を測らなければならないのだ。

採血室で、看護師さんにしきりに「痩せすぎ」と言われる。
「そんなに痩せたらあかんわ! 若いならともかく、歳とったらもう見かけなんか、関係ないんやから」
「いえ、わたし、ダイエットしてるわけじゃないんですけど・・・」
「痩せすぎるというのは、見かけだけじゃなくて、免疫力っていう面で、危ないねんで。昔、友人が○カノビューティークリニックで準優勝してんけど、短期間で20kgも落として、そのあとすぐ白血病で死んでん。あれ、絶対関係あるって、みんなで噂しててんよ」
「へえー。そうなんですか」
「ちゃんと食べてるの? 吐いてない?」
「自分で吐けませんよ。ちゃんと食べてます。ただ、3個の菓子パンが2個になったり、ちょっとずつ取りこぼすんです」
「ダイエットの減らし方やな。もう、無理してでも食べなあかんで」

とまあ看護師さんは、あくまでも、わたしがダイエットしているという説を曲げないのであった。
確かにいまのわたしは、Mジーンズがブカブカになっていて、いかにも精神病患者的な雰囲気を醸し出しているかもしれない。
しかし、食欲を一つも感じないし、食事が楽しいと思わない。
両親が側にいるのと関係がある感じがするなあ。
ほんとうは、テレビや会話のないところで、気ままな時間に自由に食べたいんだよね。

ここ数ヶ月間、ずっと「どうしよう病」になっていて、見るもの聞くもの、全部の情報があたまに入ってこなかったのだが、診察後、外に出てみて、初めて「わー。見える、見える」と思った。
人々の服装がわかる。建物が理解できる。
あー・・・、ビルが光っている。キレイ。
シースルーのエレベータが、ひっきりなしに上下に移動している。
こんな時間に、誰が乗っているんだろう。
なんか、この感覚、久しぶりだな・・・。

その後、すぐに帰るつもりだったが、なんだかオシャレな物が見たくなり、ショッピング内を歩き、安い店で、入れ墨風ネックレスを購入した。
これ、20年くらい前にも流行ってたな。
自分で言うのもなんだが、わたしは首が細いので似合う。
もっとキラキラの世界で身体を洗いたかったが、なにぶんお腹が減ったもので、自宅へ戻った。
そうだなー。人混みに混じって、こういうことも、たまにはしないとなー。

夜、元彼Sちゃんにラインをしたら、電話で返ってきた。
スカイプはしたくない、早く話をすませたいという意味だな・・・、と思っていると、「パソコンが壊れた」と言った。
どこまで信頼できるんだか。
今日一日、なんとなくいつもと違っていたことを、報告したかったのだが、わたしの話を聞くかわりに、「うちの孫は王将でカレーを食べた、サイドメニューを選択肢に入れたのは素晴らしい、ゆみもそういうのやりなさい」と子ども本意のバカなことを言うので、話相手にならなかった。
まーどうせ、親身になってくれる人は誰一人いない。
ちょっと落ち込むけど、仕方ないな。

該当の記事は見つかりませんでした。