LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

夕食がまんじゅう

sweets_manjyu

昨日の夕食は、チャーハンだったのだが、父は食べようとしなかった。
「食べられん」と言う。
その代わりに、牛乳とまんじゅうとチョコレートを出してきた。

わたしは、たぶんチャーハンというメニューが気に入らなかったんだろうなと思った。
だって、昨日は鰻茶漬けを「美味しい」って完食したんだから。
ちょっと、ダダをこねているふうにも見える。

食に鈍感な母は、食べられるものは何でも美味しいと思っているので、「チャーハンが簡単でいいよね」と明るく言っているが、「死ぬまでに美味しいものが食べたい」と言っている人に、残り物のチャーハンはなあ・・・。
んー。確かに、母は何気に腹が立つ。

わたしは父に、「毎日、百貨店に行って、好きなもの買ってきたらええやん」と言った。
「百貨店って、食料品の?」←母。
「うん。百貨店の端から端まで、食い尽くしとかやったらええねん」
「なんやそれ??」
「とにかく、目につくものがあるやん。それ、買ってきて食べたらええねん」

なんでもいいから、非日常を楽しめばいいと思うのだ。
いつもと同じようなメニューで、ああこれで食はもう楽しめない、などと暗くなる必要はない。
「一日中、お菓子でもええやん」
「え! そんなん、していいの?!」←母。
「好きなもの、食べてたらえーやん」

ほんとうに食べられないなら、お菓子を食べてでも、カロリーを稼ぐ方がいいよ。
死ぬ前に、健康的な食生活がどうのと言っている意味はないと思うし、考えたら美味しいものって、ゴージャスなものじゃなくて、甘いものだったりするんじゃないかな。
人間は太古から、食に飢えていたから、カロリーの高いものを美味しいと感じるようにできている。
だいたいの料理は、甘くすると、美味しく思われるとも聞いた。(本当か?)
それでいくと、美味しいと言われる店をあちこち食べ歩かなくても、家でパクパク気軽に美味しいものが食べられるのではないだろうか。

「体重が2・3kg減った」と父が言うので、わたしは「牛乳にはちみつを入れると、カロリー上がるよ」と言った。
「はちみつ。それはいいわね」←母。
「どれくらい入れるんかの?」
「好きなだけ」

父は、甘いものが滅法好きなので、牛乳にはちみつを入れたのは、気に入ると思う。
しかしまー、牛乳インはちみつと、まんじゅう・・・、塩こんぶが要るね。
ただ、前述のように、父のいまの食欲不振は、気分的なものだろうと思うのだ。
食べられない、って繰り返すよりも、自信をつけた方がいいんじゃないかと思う。

あと一週間すれば、まえの抗ガン剤の副作用である、味覚障害が治るという。
たぶんそのあたりで、大分の温泉に行って、その後百貨店巡りかな?
これまでは、百貨店を巡っては手ぶらで帰ってきていた人なので、気のすむまで、好きなものを買ってきて食べるといいと思う。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。