FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

介護と妹

dryer

昨日は、美容室に行ってきた。
いつもの、カット・リタッチである。
担当の美容師さんが、ここはあーしましょう、とこぎみよく決めてくれる。

わたしは、そんなサロンの雰囲気を楽しめず、「なんで妹は、介護の心配をしなくてすむのか」という考えごとをしていた。
彼女は、義母・義父は亡くしており、もう誰も要介護な人はいない。
しかも、お金を使いきれないほど持っている。
母は、「嫁いだ娘に、頼ることはできない」というが、その話、もう古いんじゃないの。
いまは、どこを見ても、介護はきょうだいで等分って、書いてあるんだけど。

夕食後、そのことでずっとあたまを悩ませていたら、ちょうどH病院で知り合ったIちゃんからメールが入り、その話をしたら、「うちもそうだよ」と言ってきた。
Iちゃん曰く、「お母さんが元気なうちに、家族会議をして、誰が面倒をみるのか決めておかないと」とのことである。

あー・・・、やっぱりそうだよね。
ずっと考えていたけれど、なんでいま、わたしが母と一緒にいるから、自動的に母と運命を共にしなければいけないのかと・・・。
家族会議をして、介護問題はわたしだけのものじゃないって、話し合えば、楽になるだろうな。

そんで、母に「最近は、嫁いだからどうのって、関係ないみたいよ」と言ってみた。
すると母は、つんとした表情で、「わたしは、独居老人として生きるから、あんたも出ていったらええねん」とはねのけるのだった。
もう・・・。
じつはこれは、半分拗ねていて、わたしが困るのをわかっていて言っているのである。
じゃなかったら、「嫁いだ娘には頼りたくない」=「嫁がなかった娘には頼りたい」とは言わないだろう。

わたしは、妹の手助けを借りようとしない、あくまでわたしと母の問題にしようとする母に、腹を立てた。
独居老人とか施設とか言っているけれど、わたしが簡単に、そうはできないのをわかっているんだよね。
しんどい・・・・・・。
やっぱり、猫が死んだら、出ていこうかな・・・。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。