LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

布団を抱きしめて

futon4

昨日は、苦しくて、布団を抱えて唸っていた。
昼間から、しんどい夢・・・。
わたしは、母が買い物に行くかどうか尋ねられたとき、ひっくり返って「行けない」とつぶやくのが、やっとだった。
うつのときのようだ・・・。

自分の未来が、どうしようもなく悲惨なものになるような気がして、仕方ない。
誰も、助けてくれる人はいない。
極貧のなか、食べるものも節約して・・・、死ぬまでそんなことをしているとしたら、辛いだろうな。
うちは貧乏だが、欲しいものを買えなかったり、必要なものを手放したりする必要はなかった。
でも、そういう時代が来るとしたら。
ほんとうに、生きていることが苦痛になるんじゃないだろうか。

障害年金が3級に落ちたら、まず美容院を半年に一回にしよう。
周りの同級生が綺麗にしているのに、自分だけというのは嫌だが、どうせ同級生と会うのは、年2回くらいだ。
パソコンも必要性があるのか。
いまはもう、だいたいはスマホで用が足りる。
だが、調べてみたら、わたしの世代のパソコン所持率は意外と高くて、60~80%だった。
あんまり、どれもこれも我慢するのもなあ・・・。
きっと、ストレスが溜まって、べつの方向にいくだろうな。

そんなことを考えているわたしは、きっと周りから見たら滑稽なんだろうな。
「そんなに先のこと、まだわからないじゃない?」というところだろう。
確かに、年金が3級に落ちると決まったわけじゃない。
でも、そこが病気なんだと思う。
この、悲観的な考えのなかから、わたしも早く出たいと思っているのだ。

いまのわたしを鏡に写したら、ボサボサのあたまに、ガリガリの足。
このままでは、だんだんふつうの人と、かけ離れてしまうような・・・。
こんなときに、考えてしまうのが、富裕層に入った双子の妹。
あの人は、いまも将来も、きっとわたしの生活費以上のお金を払って、乗馬をやっていると思うよ。
そんでたぶん絶対、母親の世話は100%こっち持ちなんだよね。
なんだか、明るい未来なんて、ほんとうに見えてこない。

該当の記事は見つかりませんでした。