FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
4

子どもを怒鳴るK子ちゃん

20090303054403
私の同室には、「小6の子どもに会えない」というK子さんがいる。なぜ会えないかと言うと、彼女が子どもに怒鳴り散らしてしまうからだ。周り中、みんな彼女が退院するのを反対するので、よほどひどいんだと思う。

小学校教諭をしていたというTKさんが、K子ちゃんを諭す。
「今から会いたいって言うても、必ず子どもと取っ組み合いになるやろ?子どもと同じレベルになったらあかん。母親として、堂々とかまえるだけの余裕がK子ちゃんに出来ないと」
「うん…そうやねん。でも…」
K子ちゃんはすぐに泣く。情緒不安定なのだ。
私はK子ちゃんを見ていて、いわゆるDQN母だと思った。父親はチンピラでDV男、二人パチンコ店の二階で臨月まで一緒にいたが、お産とともに別れたと言う。
「男はどうでもよかった、自分の子は愛しかったから産んだ」
うは…なんて行き当たりばったりな。

「今の彼氏はよう面倒見てくれるけど、やっぱり親になった人じゃないと。私がおらなあかんと思うねん」
「いや、だから」
手を替え品…じゃなくて人を替え、K子ちゃんはみんなに同じことを言う。何も事情を知らない私だからわかるのだが、K子ちゃんの言葉はすべて、「今すぐ、我が子に会いたい!」が変換されたものである。

結局、なにを思ったか、彼氏が「子どもが大暴れした」などと、療養中のK子ちゃんに連絡したりするもんだから、K子ちゃんは「すぐに退院する!」と言って、みんなが止めるも、明日退院する段取りになってしまった。
「え…、じゃあ、入院前の状況と変わらないまま?」
私が誰ともなく尋ねると、Sちゃんが無言でうなずく。Sちゃんもシングルマザーだが、こっちはまだどっしりとかまえている。

私はどーとでもしろぃと思った。K子ちゃんには、「アンタ、話を聞いてるようで聞いてないな」と嫌みを言われたからである。すごく、自然に、さりげなく。私が思うに、彼女の口の悪さは天然なのだ。家に帰って、子どもに会っても、たぶんあんなふうに言うんだろうなと思うと、同情出来ないのだ。
人気ブログランキングへ。
(↑クリックして下さると励みになります。)

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

のん says...""
ゆみさんは、「聞いてないようで聞いてる」ほうだと思うんですけど・・・きっとほわ~んとした感じで、会話に参加するようなしないような感じでその場にいながら、最後にズバリと、しかしホンワカと核心をつく・・・「えっ?前と変わらない状況で?」・・・私も、そこが一番モンダイなのではないかと思います。

K子ちゃんのお子さんが一番お気の毒ですよね。ちゃんと学校なり行政なりのフォローはあるのかな?言葉によるDVってことですもんね。ちゃんとケアしてあげないと・・・

K子ちゃんにも心の傷があるんでしょうね、きっと。そっちをケアしないといつまでも同じことを繰り返し、このまま不幸と行き当たりばったりの連鎖になってしまう気がします。お子さんにも連鎖してしまったら・・・

う~ん・・・いろいろな人生がありますねぇ。
2009.03.03 10:03 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>のんさん
そうですね、ケータイからの記事投稿だと字数制限があるので書けなかったのですが、K子ちゃん自身の生い立ちにも問題があったらしいです。悪いけど、不幸の連鎖という言葉があたまに浮かびます。
精神科病棟では、似たような境遇の人をよく見かけます。家庭の大事さを認識させられます。
2009.03.03 19:17 | URL | #Uf7gKpRo [edit]
桜咲 says...""
ゆみさんこんばんは。おはようございますかな?^^

私はそんなK子さんの退院を許した担当医がどうしても理解出来ません。
入院させた意味がなくなります・・・。


^^ゆみさん相部屋になられた方との関係はほどよいものにしてくださいね。
ゆみさんしっかりされた方ですから老婆心ですが・・・。
2009.03.03 23:30 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>桜咲さん
こんばんは♪楽しい?中途覚醒の真ん中です。
K子ちゃんはやっぱり退院できませんでした。強めの安定剤を処方されました。
彼女の場合は、まだ公の機関が動くような虐待じゃないんですよ。たとえば、躾のためにカッターを子どもの首にあて、「これ引いたら、あんたは死ぬで」と言った、というようなものなんです。ちなみにこれは本人がわたしに話してくれた「躾」の一つでしたが、彼女はそれが虐待だとは、ハナから考えていなかったです。逆ギレされると怖いので、部外者のわたしは黙っていましたが。
2009.03.04 01:32 | URL | #Uf7gKpRo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lifelovepain.blog22.fc2.com/tb.php/1049-81cdd267