FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
8

《カオナシ》の増加

kaonashi

昨日はTVで『千と千尋の神隠し』を観た。
これで3回目くらいじゃないかと思うが、わたしはこの作品で出てくるキャラクターのなかで、「いるいる、こういうやつ」と毎度思うのが《カオナシ》だ。

気が小さくて、人との交流がうまく出来なくて、そのくせ身分不相応な乱暴な言動をするやつ。
主人公・千尋は「あの人、家にこもってるのがいけないんだよ」と言うが、言えてるなと思う。

その日の昼、チャットしていてたまたまわたしが出会った《カオナシ》は、自称ニートで30代の男性だった。
「人との交流が苦手」「どうすれば職場でうまくやれるのかわからない」「30過ぎてバイトしかしたことがない」「とにかく対人恐怖症」などと自戒しながら、一方で、
「人に命令されるなんて嫌」「時給950円なんてバカバカしくてやってられない」「スーツを着たやつが憎い」「自分は人の上に立ちたい」などとほざくのであった。

「職場では<命令>じゃなくて<指示>でしょ」と他者が言うが、本人に伝わっていたのかどうか。
さらに彼は、「まえにバイトで、やったこともないレジをいきなりさせられた」と怒りをこめて言う。
わたしは、「そういうときは、わからないから教えてくださいって言うんだよ」と言ってみたが、これに対してもレスはなかった。
なんというか残念だが、この人は職場において、先輩や上司の指示をあおぐのが苦痛で、わからないことをそのままにするから、周囲とうまくいかないんじゃないかなと想像した。
これじゃあ、人の上に立つどころか、どこにいっても続かないよな…。

それでもこの《カオナシ》は、自分を責めているぶんまだマシな方で、もっとひどいやつは、「俺様をこんなにした世の中がいけないんだぁ~」(まあ半分は当たってるけど)と、すべてを他者の責任にして、世の中のあらゆるものを憎んでいるのでコワイ。
平日の昼間、精神疾患関係のチャット部屋に入ると、そんな《カオナシ》がいっぱいいる。
それで、ときどきわたしまでめげるのだが、昨日もやっぱりめげてしまった。
《カオナシ》は、あまりかまうと増長するのが特徴なので、わたしはもうこれ以上そいつにかかわるつもりはない。

『千と千尋の神隠し』では、千尋は《カオナシ》の正体がわかったあとでも、彼の面倒をみてやるのだが、これを現実でやったら、完全にストーキングされるだろうな。
そこんところが、現実と違って、ちょっとファンタジーだなと思った。
まー、アニメだからファンタジーでもいいんだけれど。

宮崎作品は、世の中を風刺したものが多いので、そのつもりで観ていたらじつにわかりやすいと思うのだが、うちの老両親は『千と千尋…』は何度観てもわからんと笑う。
彼らの世代は、いま世の中に増えているある種の人間のことが見えないのかな?
あれは妖怪じゃなくて、人間を描いているんだって教えればわかるんだろうか。
金に群がって平身低頭になる妖怪たちなんかを見ていたら、元祖人間の本質って感じがするけどな。

該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

由巳ゆみ@管理人 says...""
>桜咲さん
先週のご質問のお答えです。
妹に処方された漢方薬は、「ツムラ39」と「ツムラ71・シモツトウ」とのことでした。看護師さんの話によると、これらは2つ合わせて飲まないと効き目がないそうです。ちょっと気になるのは、「ツムラ71」の効用が<冷え性・月経不順解消>であるとのことで、もしかして女性用なの?と妹と話してました。男性にも効くのか謎です。。。
2009.06.06 18:05 | URL | #Uf7gKpRo [edit]
ぷーにゃん says..."宮崎作品"
彼の作品は無限の示唆に富む・・・同感です。
「紅の豚」なんかもそうですね。

「風の谷のナウシカ」は昔アニメージュってマニアな雑誌に連載されていた漫画がコミックスになっているのですが凄いです。オススメです。

「カオナシ」が現代に増えているのは事実ですが、受け皿が無いのも事実です。自信が無く、甘やかされ、何より経験の少ない彼らに「出来ることを一つ一つ重ねさせる魔法を使わない双子の魔女」はいません。欲望や富や権力は太った「カオナシ」を堕落させ苦しめるばかりです。

私はチャットはしませんが私もチャットで「カオナシ」に出会っても「千尋」にはなれないし、増してや「魔女」にもなれません。

ゆみさんと同じに、めげてしまうでしょう。
2009.06.06 22:10 | URL | #- [edit]
桜咲 says...""
ゆみさんこんばんは。

漢方薬の件ですが、わざわざお返事本当にありがとうございます。今後の治療に役立てます。ありがとうございました(ペコリ)。


「千と千尋の神隠し」私も観ました。ジブリ系はほんと夢がありそして深いので好きです。
個人的には「もののけ姫」が一番かなあ。

映画と言えば今日私休みだったので、ツタヤ行って「おくりびと」借りて観ましたが・・・ラストの泣けること泣けること、一人部屋で大泣きしてました(笑)。

お暇な時ご観賞されてみてもいいかもしれません。。
2009.06.06 22:57 | URL | #- [edit]
ぽりぽり、であります! says...""
あいにく不肖ぽりぽり、「千と千尋の神隠し」観たことないでありますが、「カオナシ」は何となくわかるであります。

何一つスキルを積んでいないにも関わらず、自分に絶対的な自信があって、そのズレの中で結局何もできない人になっていくんでありましょうなあ。
自分が特別な存在だと思っているでありましょうから、お相手すると「特別な自分」へのリスペクトと勝手に思い込むでありますよ。
疲れますから、お相手するのはやめときましょう。

能力があるのに、それに人間性が追いついていない人も疲れるであります。
能力があるため、世の中に対しては「カオアリ」なんでありますが、親しくなりますと、その言動のひどさにうんざりさせられるであります。
2009.06.07 11:24 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>ぷーにゃんさん
『風の谷ナウシカ』もいいですよね。よく出来てるなあと思います。
カオナシさんには、やっぱりなにもしてあげられることはないですね。カオナシさんたちが集まって、日本の政治に対してデモでも起こしたら応援しますが。なんで、「人が怖い」くせに「人の上に立ちたい」のか、理解に苦しみます。そんなことをヌケヌケと言うところが、こっちからすれば怖いですよ。このような人が、なんかの間違いで権力を握ったとき、作品中に出てくる太ったカオナシ状態になるんだと思います。
2009.06.07 17:44 | URL | #Uf7gKpRo [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>桜咲さん
こんにちはです♪
『もののけ姫』もよかったですね。ナウシカとキャラクターが重なるという人もいますが、だいたいにおいてジブリ作品は強い少女が主人公ですからね…それが魅力でもあるし。
『おくりびと』、そんなによかったですか。観てみたいなあ。でも実家だと思う存分泣けないのが痛い(笑)。TSUTAYAは近くにないし、どうも不便な環境です。
2009.06.07 17:54 | URL | #Uf7gKpRo [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>ぽりぽり大尉殿
そうなんですねぇ。自分のサイズがいまいちわかっていないというか…。スーツ着た人はたいていどこかであたまペコペコ下げてるんだし、人の上に立つ人は下積みと禿げ上がるほどの苦労を陰でしているもんだってところが見えてないんでしょうなあ。人にあたまを下げることも出来ない人間が、あんなのになりたいって言うことが、30にもなってそれかいと突っ込みたいところです。
カオアリさんには、わたしは幸いにして出会ったことがないかもですが、どうやらそういうのがいるらしいことは察知しています。同窓会とかに湧きそうなタイプですね。くわばらくわばら~。
2009.06.07 18:13 | URL | #Uf7gKpRo [edit]
どんどん says..."カオナシ"
突然のコメントですみません。”千と・・・”を見た直後ここにヒットしました。

管理人さんと同じ解釈になるかもしれませんが、僕はWikipedia等に書いてある「孤独」がやはりぴったり来ます。寂しくて飲み屋に通い詰め女の子にチップを上げるけど孤独は増大するばかり。カオナシのシーンを見るといつもそんなことが思い浮かびます。

では失礼します。
2009.11.25 13:09 | URL | #OnBcUxlY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lifelovepain.blog22.fc2.com/tb.php/1124-7905fa6e