FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
6

古本屋巡り

20090613182624
脳みそがインプット期に入ったので、昨日から古本屋巡りをする。
昨日買ったのは、飯島愛の『プラトニック・セックス』と、田辺聖子のエッセイだったが、前者はこころになんの感動も残さず、「あ、そう…」で終わってしまった。
著名人の自伝的作品として、どうしても比べてしまうのが、内田春菊の『ファザーファッカー』なのだが、後者はさすがに直木賞候補に上がっただけあって、読みごたえがあった。
飯島愛とは別物である。
わざわざ自転車に乗って、なんでそんなもん買ってくるんだって感じだが、駅前のさびれた本屋の上にある古本屋!には、さして読みたいものがなかったのだ。
唯一、読みたいなと思ったのが、本屋の方にあった田村某の『ホームレス中学生』だったが、これを新刊で買う気はしない…リリー・フランキーの『東京タワー』も同様である。
ただ、前述二つはあまり古本屋で見かけない。
わたしの見ている場所が悪いのだろうか?
でも、なんとなく側に置いておきたい本と、そうではない本があるのはわかる。

そういうわけで、わたしは今日も別の古本屋へ出かけた。
あっついのに、また自転車に乗って20分くらい…。
そこで仕入れたのが、上画像の本たちである。
『ダ・ビンチ・コード』なんて、いつ流行った本だ…。
でも、3冊315円はお買い得である。
案外、たっくさんの古本があるブックオフでも、やっぱりコレ!という本は揃っていないのだった。
あるいは、わたしがあまり体調がよくないので、読めそうな本が限られているせいかも知れない。

ともかくこれで、数日間はジタバタせずに済みそうである。
これで安心して、本の山のなかでわくわくしながら、別世界に入り浸ることができるというもんである。

(↑クリックして下さると励みになります。)

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

桜咲 says...""
ゆみさんこんばんは。

ゆみさんは本当に本がお好きなんですねー。

最近のテレビは面白くないから、本日私も何気に本屋に立ち寄って「奇跡のりんご」という本を買いまいた。

いい本か悪い本かは別にして、暇つぶしにはもってこいですので^^

ちなみにゆみさんが列挙された本はほとんど読みましたが、確かに「プラトニックセックス」は・・・^^

「ダ・ビンチ・コード」、3冊で315円はびっくりです。いい買い物なされましたね。

ごゆっくり堪能してください^^
2009.06.13 23:21 | URL | #- [edit]
ぷーにゃん says..."嵐が丘がチラッと見えた~"
確かにハードカバーの本の値段は高すぎる~正直、何年も新品は買ってませーん。
内田春菊は漫画は少し読んでますが『ファザーファッカー』はなんとなく調子悪くなりそうな気がして近づいていません。読まず恐い(食わず嫌いの本のつもり)です。

手に入れた古本はいかがだったでしょう。感想楽しみです。

百人一首は覚えてなくても嵌りますヨ。
小式部内侍(和泉式部の娘)の句
「大江山いく野の道も遠ければ まだふみもみず天の橋立」
意味は直訳だと「大江山は遠いから、まだ手紙も届いてないし天の橋立も見て無いわ。」なんですが、これは即興で作った歌です。
ある歌合せに招待された小式部内侍に藤原定頼(藤原公任の息子で親子揃って文化人)が「丹後のお母さん(和泉式部)に歌合わせに出す歌を作って手紙で送ってもらったかい?」とイヤミを言った時に切り返して歌ったんです。カッコイイ小式部内侍。
そしてこの名前の出てくる四人は全て百人一首に歌があり、それを読むのもまた楽しい。悠久の昔から恋あり妬みあり悩みあり。そして四季あり。
現在「アウトプット期」のようです。長文お許し下さい。
2009.06.14 09:57 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>桜咲さん
こんにちはです♪
本は好きですが、もともとは漫画好きです。最近の漫画、とくに少女漫画は面白くないので小説の方に時間をさくことが多いかな?昔の少女漫画は、大人の鑑賞に耐えるものがあったんですけれど。
『ダ・ビンチ・コード』読みましたー(ケータイでウに゛ってどうやって出すのかな)。なんというか、ミステリー小説ってこういうものなの?と首をひねっています。
2009.06.14 16:10 | URL | #Uf7gKpRo [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>ぷーにゃんさん
なるほどそーですか~。古典と言えども、現代に通じるものがあるのは感慨深いですね。
『ファザーファッカー』は、精神的に不安定なときは、あまり読まない方がいいかもです。これこそが、本のもつ毒ですね。すべてが円満ハッピーエンドな話なら、書く必要もないし読む必要もないんじゃないかと思いますが、体調が悪い人間にとってキツイ作品というのはありますよね。
2009.06.14 16:24 | URL | #Uf7gKpRo [edit]
みらいみるみる says..." ブックオフにて"
ゆみさん、こんにちは。

私は先日ブックオフで「ライ麦畑~」を‘やっと’ゲットしましたョ♪
「ライ麦~」を読もうと決めてから、行く先々の本屋で捜しましたが、驚いたことにどこも置いて無かったんですよ。
どこにでも必ずあるだろうと思ってたので焦りました。
置いたらすぐに売れるのかな??

あとは、「江戸幕府 260年の真実」も購入。
江戸時代って好きです。
日本人の気風や文化が形成された時代って気がして、興味があります。
なんとなく自分の原点に会える気がするんだにゃ。。

最近はちょっと待てば、お安く本が手に入るので、私もなかなか新刊では買いませんi-201
本って高いよi-182
返品するくらいなら店頭で安く売ってくれれば良いのに~~って思います。
2009.06.14 16:33 | URL | #ArEppV0s [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>みらいみるみるさん
『ライ麦…』ゲトおめでとうございます。探している本がないと、悔しいですもんね。野崎訳は古本屋で見たことないです。村上訳は見かけますが。もし野崎訳だったら、昔あったピカソの絵がAmazonを見る限りなくなっているので、表紙にピカソがあったらお値打ちものかもです^^。
江戸は、なんだか人生お気楽そうでいいですね~。わたしの江戸情報は、ほとんどが時代考証家・杉浦日向子氏によるものですが。一口に江戸時代といっても、260年もあったんですね。そのなかで、流行なんかもどんどん変わっていってたんだろうなとか考えると面白いです。
本、高いですよね。若者に限らず、老若男女、本離れが進みそうな勢いですね。
2009.06.14 19:00 | URL | #Uf7gKpRo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lifelovepain.blog22.fc2.com/tb.php/1130-12a8dd58