FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

病室の引っ越しをする。

20090903163612
病室が変わった。
いまの廊下側のベッドだと、仰向けに寝たときちょうど小さな照明と目が合うので、まぶしくて眠れない→窓際に変えて~、とわたし自身が申請していたからである。

今日、隣の4人部屋の窓際が空いたので、さっそく移動した。
引っ越しはあっという間に行われる。
たんすの中のものをベッドの上に乗せると、あとはベッドとキャビネットをゴロゴロ別室へ運ぶのみである。

そうして、わたしはいままでの、昼は暗くて夜は明る過ぎの環境から脱したのだった。
新しい同室の人々も、年配の落ち着いた2人なのでやりやすい。
差別して悪いけれど、若くてリストカットをするタイプの一部は、足音も物音も乱暴だったりして、気が休まらないことがある。
引き出しを閉めるにも、いちいちバタン! ドスン! みたいな感じである。
あれ家でもあーなんだろうなー。
騒々しさを嫌う一般的鬱病患者とはちょっと違う雰囲気である。

ところで、この療養病棟には、どの患者からも信頼を置かれる男性主任看護師がいる。
男性看護師の殆んどは、暴れるような患者のいる病棟に配属になっている中で異色である。
その主任さんが、今回の引っ越しにあたって、TVを移動したときに100円が無駄になってしまったので(←電源を抜くとリセットされてしまう)、「はいこれ」と100円をくれたのだった。

あひー、なんか恥ずかしい。でもありがとう~。
ほかの看護師さんだとあり得ないな。
でも、どこから歳出? するんだろー??
まさかポケットマネーじゃないよな。

ともかく、わたしはお小遣いをもらった気分で、ありがたくTVを見続けた。
こんなにTVばっかり見ている日々って、入院時以外は絶対ないよ。

それで、今日、新政権首相(予定)鳩ぽっぽさんにさっそく米国オバマ大統領が電話対談を申し入れてきたと聞いて、やっぱりサミットで無視された麻生さんとは扱われ方が違う、露骨だなーなどと感じ入ったのだった。
まー新政権に対する牽制かも知れないけれど。

(↑クリックして下さると励みになります。)

該当の記事は見つかりませんでした。