FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

精神薬の副作用の怖さ

20090904165029
午前中はひどく身体が重くて、朝食を食べることが出来なかった。
TVも見れずに寝たきり…ナンダこのしんどさは?

昨夜、ふといま飲んでいる薬のことが気になり、ネットで調べていたら、遅発性ジスキネジアというおそろしー副作用が出ることがあると書いてあって、実際出ちゃった人々が掲示板で死にたいとか書いているので、大ショックを受けた。
これは、服薬中または断薬してから数ヶ月経ってから出る副作用で、口・舌・顔・四肢などに不随意運動が起こり、一度出ると一生治らないものらしい。
わたしはかつて、べつの薬で急性ジスキネジアを起こしたことがあるが、そのときの奇妙な感覚ときたら!
なにしろ、自分の意思に関係なく、勝手に舌が捻転してひきつり、思うままにしゃべれないのだ。
自分でもなに言ってんだかわからない、舌は痛くてたまらない、あんな状態が一生続いたら、わたしだって真剣に自殺を考える。

思うに、いかにも精神病っていう外見の人の何割かは、薬の副作用でそうなっているんだと感じるよ。
今日、エレベーターに乗ったとき、絶えず足踏みをしていたあの男性は、たぶんアカシジアという副作用じゃないかと思うけれど、知らない人が見たら、ただのキチガイだよね。

アカシジアはわたしも昔出たことがあって、一瞬でもじっとしていられないのだった。
座れば貧乏ゆすりが止まらず、歩き回りたいのに歩けるだけの体力がなかったもんだから、結局わたしは実家の床を這いずり回っていた。
見た目もキチガイだったらしいし、本人的にもあれ、しんどかったなあ。

家族はそのような副作用を数々見てきているので、精神薬の怖さは百も承知だという。
とくに1回目の入院のときの廃人状態はとても正視に耐えられるものではなく、普通の人に見えるようになるまでの1年間は、悲惨な心境だったようだ。

そんなこんなの経緯があるので、いま飲んでいる薬について、現担当医Kっちに相談してみようと思う。
にわか知識で、嫌がられるのが目に見えるようだが。

(↑クリックして下さると励みになります。)

該当の記事は見つかりませんでした。