FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

死のうかなと考える。

20090914103222
昨日、救急病院で足の手当てをしてもらったあと、精神病院に帰ってきて夕ごはんを食べようとしたのだが、もうほんとに入らない。
このところ、ずっと食欲がなかったんだけれど、この夜は特にめげてしまって、全然駄目だった。

今朝、5時に目を覚まして、ぼんやり考えごとをしていたら、ああもう死のうかな…いまやらなくても、このまま人生を進んだら、たぶんどこかで死ぬなと思った。
精神病院はうまくできたもので、病院は3階建だし、周囲に高い建物はない。
首を包丁で切る?
でも、死にきれるのかな、自分で自分を切るのって。
だいいち、いま歩けなくて、道具も買いに行けないし。

そんなことを、デイルームの窓から朝焼けの空を見ながら考えていたら、後ろのナースステーションから音がした。
看護師さんだ。
とりあえず、わたしは建設的な方向へ、つまり看護師さんのところへ、車椅子をころころと移動した。

「死にたいなーと思ってしまって」と告げると、看護師さんは、「うんうん、みんな同じようなこと言うよ。完全に鬱」と言って、話を聞いてくれた。
みんなに言われてしまうのだけれど、わたしは書くことやしゃべることが理路整然としているので、案外大丈夫だと思われてしまうのだ。
しかし、看護師さんに言わせれば、そういうふうに物事が既に分析されていて、なおかつ家庭や職場などストレッサーを取り除けば解決するような問題じゃない場合、治癒は長引くよということだった。

「いまから、まだ嫌な思いやしんどい思いをすることがあると思う、でもなんとかして、自分が納得出来るような目標が見つかればね」
そして、そのためには、一人の力じゃ無理だろうと言うのだった。
看護師や医師、専門家を使わないと…。
そうなのか。
一人であがいても、どうしようもないのかな…。

この看護師さんはよくわかっているけれど、他の人が全部そうだとは言えない。
担当医Kっちは合理主義だから、症状に対して薬は出すけれど、話をじっくり聞いてくれるタイプではない。

結局、なにかを変えないといけないみたいなのだが、なにをどう変えればいいのか、さっぱり見当がつかない。
どっちにしても、まだ時間がかかる…。
遠すぎる道のりだ。
人気ブログランキング
(↑クリックして下さると励みになります。)

該当の記事は見つかりませんでした。