FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

「出る」個室

20090930110625
け…今朝は、怖かった。
午前5時頃寝ていると、なんかシーツがカサカサいう音が聞こえるのである。

「あれ? ここはどこだ…旅館?」と思った瞬間、いや違う、病院だ、しかも個室だということを思い出した。
するとシーツのカサコソ音が気になり、気がつくと横に人の気配があるのである。

ぎゃー!!
自殺患者の霊?!
だから、個室は怖いんだよ!!

横にいる人は、若い女性だった。
わたしに悪意を持っている。
彼女は、わたしの手をつねった。
わたしは、必死の思いで、何度目かに目を覚ました。
それで、またしてもその足で、ナースステーションに駆け込んだのである。

看護師さんは、まあ…じゃあ、あとで見に行くわ、と言った。
そんなわけないでしょう、と言わないのが精神科かも知れない。

結局その後はなにごともなく、無事に寝れることが出来た。
あれ…なんだったんだろうな?
まえに経験した、「あたまの中で別人がしゃべる」とは違うしな。
わたしは、これはよくある金縛りであろうと結論づけた。

しかし朝食時、例の看護師さんがやって来て、「あれから大丈夫だった?」と声をかけてくるとともに、こんなことを言うのである。
「そういうことも、ほんとうにあるからね」
げーー!! やっぱり出るの?? 個室。
その後、バイタルチェックに訪れたべつの看護師さんも、「なんか寝てるときにあったらしいね」と話しかけてきた。
「そういうことがあると、怖くない?」
「……金縛りにはよくあうので…、一晩くらいなら…」
しかし、二晩続いたら、いられないだろう。
恐ろしき、病院の魔の個室!!

ほんとにあれ、金縛りだったらいいんだけれど、今晩も出たらどうしよう~。
ちなみに、ドア前に垂れ下がっているカーテンには、どう見てもこれ血痕だろうと思われるしみがついている。
これもよくあることなのだが、カーテンくらい代えてくれよと思う。
人気ブログランキング
(↑クリックして下さると励みになります。)

該当の記事は見つかりませんでした。