FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

朝からカレーの日

curry_
今日は、午前11時ごろまで、だらだら寝ていた。
一方、友人Mは早起きなので、なんだか朝早くからカレーを食べていたような気がする。
わたしはその時間にトイレに入って、それからまた寝直した。
10時ごろ、母からの電話で起こされる…。
くそ。気持ちよく眠れていたのに。

寝ぼけ眼で起きて、食卓について、わたしもカレーを食べる。
そういえば、昨夕はほとんどごはんが食べられなかった。
環境が変わったりすると、わたしはよくこういうことが起きる。
だから、旅行に行っても、土地の美味しいものを食べ逃したりするのだ。
損な体質だなと思う。

そんな感じでのろのろしていたら、Mが、「いかにも病人ですっていう足音やな…」と言いながら、奥の部屋から出てきた。
じつは、1ヶ月以上まえに捻挫した左足を、わたしはまだ引きずっているのだ。
いや、それだけじゃなくてやはり…、鬱病患者の足音というものは、だいたい静かでのろいのだ。
それは、病院に少し入院していればわかる。
外から来た見舞い客の足音は、勢いと音量が違うから、この人は見舞い客だなとなんとなくわかるのだ。

わたしがのろのろカレーを食べていると、Mが話し相手になってくれて、そのまま各方面について語る。
彼と話していると、なんというのか二人ともウンチクかましなので、「あれ綺麗だね」「これ美味しいね」という感想にとどまらない。
おしゃべりには違いないのだが、なんだか語り合っていると呼んだ方が正しいかも知れないな。
一言でいうと、やっぱりウンチクかましだな。

さて、わたしがブログを書くと言い出したので、Mは酒のつまみを買いに行った。
今夜は料理なんかしたくねえと、わたしがこれまた自分の都合を主張したので、晩ごはんは歩いて15分の串屋さんに行く予定である。
わりぃな、M。
でも今日は、ほんとにちょっとしんどいわ。

病院にいたら、勝手にごはんが出てくるし、後片付けもなんにもしなくていいわけだが、ふつうに日常生活を送るには、どうさぼっても食事だけは自分でなんとかしなければならない。
ほんと人間って、食うことに生活の多くを割いているなと思う。

該当の記事は見つかりませんでした。