FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

牡蠣パーティ出陣前

kaki2

午前3時ごろ、腹痛に見舞われて、目が覚めてしまう。
その後、朝まで眠れず。
今日は、旧友との牡蠣パーティなのにな。

ほんとうを言うと、もうしんどくて寝ていたいのだが、わたしが他人と話をする機会なんて、そうそうない。
考えたら――、1月3日の新年会のとき以来だ。
それまで、ほとんど、一言も誰ともしゃべらず生きているのだ。
それだけで、病気の原因の一部をつくっているような気がしてくる。

幸い、昨日目覚めたときにあったようなひどい吐き気は、今日はない。
わたしは、まだ暗い早朝に、目玉焼きとウインナーを食べた。
そして、もう一回寝た。
すると、午前9時半ごろ、牡蠣パーティに参加する旧友Aからメールが入った。
「大丈夫?」
「昨日よりはまし」
「迎えに行くわ。午後3時に」
「あ・ありがとお~」

これで、行きに電車に乗る辛さはなくなる。
助かった…と思った。
でも、同時に、「帰りは大丈夫なのか?」という心配もある。
根性で帰るしかない。
もう…、ほんとうは、ヨロヨロなのだ。

白ワインを持ってきて欲しいという要望が昨夜来たので、冷やす時間が必要だと思い、わたしはヨロヨロと歩いて2分のスーパーに出かけた。
ついでに、旨そうなえびサラダを買う。
これに、レタスを何枚か持ってゆこう。
わたしたちのパーティは、持ち寄りが原則なのだ。
主催者のHなんか大変だと思うよ、なんだかんだ言って、掃除はしなきゃならないし、足らなさそうなものは補充しないといけないだろうし。

どうなるかわからないけれど、今回集まる親友3人は、わたしの鬱病事情を知っているので、しんどかったら寝ていようと思う。
無理に笑う必要もないし。
具合が悪いのは伝えてあるので、そこはみんなわかってくれるだろう。
わたしが打撃を受けるとすれば――、こんな状態のとき、「あれ? なんや、元気そうやん」と言われた場合である。

該当の記事は見つかりませんでした。