FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

救急病院に駆け込む

qq_sha3

昨晩は、いままで以上の吐き気・苦しみ発作が出て、また夕ごはんを吐いてしまった。
過呼吸も止まらず、マンションで一人うなっていたが、どうしようもなく、元入院仲間のMKちゃんに電話して、先日彼女がちらっと口にしていた「いのちの電話」の番号を教えて、といきなり用件だけ言った。
MKちゃんはすぐ察してくれて、余計なことを言わずに番号を教えてくれた。
電話をかける。
……何回かけても、予想どおり、虚しく通話中のツーツー音が鳴るだけだった。
あかん、しぬうううう…。

その次にわたしは、両親に電話をかけて「苦しい~」とだけ言った。
すると、彼らはまもなく飛んできて、「目のまえの救急病院に駆け込むか、それとも救急車を呼んで精神科へ連れて行った方がいいのか、どうするか」と、しばらく検討していた。
なにしろ、胃が悪いのか脳が悪いのかがわからん。

結局、目のまえの救急病院へ行くことになり、わたしは歩いていったのだが、途中の道で何度か座りこんだ。
直立してなんか歩けない。

幸い、順番は早くきて、すぐ診てもらえたのだが、念のために持っていった投薬一覧を見せると、当直医は、「もしかしたら、薬のアレルギーかも知れませんね…」と言うのだった。
「吐き気の副作用の出る薬を、こんなに飲んでいるし」
「でも、いままでも、ずっと飲んでいたんですよ?」←母
「途中から出てくるっていうことがあるんですよ」

そ…そうだったのか。
わたしは診察台で、ただうなっていた。

しかし結局、当直医曰く、「主治医がいるなら、その先生と相談してみてください、(精神)薬のことはこっちではわからないから。精神科にも内科はあるし、出来たら同じ先生に診てもらう方がいいし…、でも内科であれば、希望があればこっちで診ることは出来ますよ」とのことだった。

数時間苦しんだが、夜中にようやく吐き気がおさまる。
もう、くたくたのヘロヘロだった。
今日は、これから精神科の担当医Kっちのところへ行く。
わたしの予想では、「ほな、吐き気の出る薬やめよかー」か、「薬なんか関係ないわ(怒)」か、「入院しよか」か、やな。
なぜか、過呼吸は移動中に必ず出るので、診察室に入ったとき、ぜーぜー言ってたら、入院しよかになる可能性大だな…。
絶対、拒否するつもりでいるけれど。

該当の記事は見つかりませんでした。