FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

『帰れま10』の分析とか

pizza2

相変わらず、脳みそが動かない。
以前から書いているが、わたしは大食い番組が好きで、昨日も『帰れま10』を見ていたのだが、内容の全貌がわからない。
つまり、目で見ているのだが、内容があたまに入っていないのだ。
たまに我に返って、誰かがなにかを食べているなーと思うのだが、ふと気がつくと、またべつのものを食べている。
どれが何位だとか、ふつうなら「へーそういうもんか」といった感想を持つものだが、それもない。
結局、わたしはなにを見ていたんだっけ? 思い浮かぶのは、芸人たちの顔ぶれだけだ。

番組の途中で考えたことは覚えている。
それは、あの番組は、ある居酒屋なりファミレスなりで、人気メニューの上位10位すべてを正答するまで、注文したメニューを食べ続けなければ、家に帰れないというルールなのだが、出演メンバーが、ブレイク中のお笑い芸人たちなので、マジでそんなことをやっていたら、途中で「○○さん、次の収録まで、あと△△時間です! 急いで!!」という話になるよなー…ってことである。
彼らは、ただでさえ、ほとんど寝る暇もなく、分刻みのスケジュールをこなしているはずである。
で、わたしの出した結論は、「たぶん、時間が足りなくなってきたら、スタッフがヒントなり解答なりを、出演者に教えているだろう」ということだった。

ふん。つまらん結論だ。
わたしは、なぜこのようにいろいろ分析しては、物事を単純に楽しもうとしないのだろうな。

途中で、はるな愛が「ドラマの収録がある」という理由で、帰ってしまったところも覚えているが、あれもさー、彼女は去年、すごいダイエットをしたから、この番組の収録があまり長時間続くと、彼女にとって好ましくないという、マネージャーだか誰だかの判断があったんじゃないのかな。
ドラマの収録があるのは事実だったかも知れないけどさ。
ほかの芸人たちだって、スケジュールいっぱいのなか、この収録はだいたい何時間で終わるなとか、計算しながらやっているんだろうから、言い方を変えると、はるな愛(あるいはそのスケジュールを組む人)は、そこまで自分(彼女)は、この番組をやり遂げるつもりがなかったと言えるかと思う。

それと…、冒頭に書いたことと矛盾しているけれど、世の中、食べられずに困っている人がたくさんいるなか、「げー気持ち悪い」と言いながら、無理やり料理を食べている姿は、あまり愉快なものじゃないな。
んー。それもあるのかな、あたまに内容が入ってこないのは。
ほんとうは、こんな番組、見たくないのかもな。

もともと、TVを見る習慣がなかったわたしが、こんな情けないことになっているのは、かなしーことに、うつ病の悪化時期で、他にやれることがないからだ――、いまは本も読めないし、好きなことがなにも出来なくなっている。
もうすでに、70過ぎのばーさんだよ、この生活は。
TVを見るしか、出来ることがないなんてね。

該当の記事は見つかりませんでした。