FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

がんばって、初の単独通院

taxi

今日は、恐怖の通院日…、しかも大阪は朝から雨!!
早朝4時台に目が覚めてしまったわたしは、ぼんやりと、「今日は無理だ…行けないかも知れない」という気持ちと、「いや待て、タクシーで往復すれば、なんとかなるかも知れない」という代替案との間で、葛藤していた。

結局、バスに乗るのはやめて、タクシーに乗ることを決意する。
タクシー運転手の叔父に電話で尋ねると、マンション→病院は、「4,000円くらいかな」ということだった、
痛い出費だが、仕方ない。
バスを乗り継いでいたら、タクシーの倍以上の時間もかかる。

タクシーのなかで、わたしはもう、よれよれだった。
どうやら、数分間ずつ、意識を失っていたようだ。
ふと気がついて、「いま、どこですか?」と尋ねたら、「もうすぐそこですよ」と返事が返ってきた。
メーターを見ると、ほんとうに4,000円台近くだった。
さすが叔父。プロだなー。

担当医Kっちは、今日も相変わらず2分診療をしていた。
混雑していたにも関わらず、次から次へと患者が入れ替わり、あっという間にわたしの順番が来た。
有難いのだが、それは、わたしに与えられた時間も2分間だということである。

わたしは、もう、疲労していて、いつものように話すことなんか出来なかった。
とりあえず、両親と大ゲンカして、その後一人暮らしをしていて、舞が舞っていない、今日もタクシー代で4,000円かかってしまったので、もう2週間に1回の診察は来れないと思うと話した。
Kっちは、わたしが黙っているので、逆にいろいろ尋ねてきた。
最終的に、そういう事情であれば、通院を1ヶ月に1回にしよか? と提案されたので、その通りにした。
いまのわたしは、ドクターショッピングする元気さえない。

帰りに、薬局で薬が出来るまでのあいだ、わたしは予約していた美容院へ行った。
その頃は、雨も止んでいて助かった。
正直言って、美容院へ行くような格好じゃなかった。
なにしろ1週間も髪を洗っていなかったし、鏡に映るわたしの眼はとろんとして、どう頑張っても、パッチリ開かなかった。
化粧もしていなかったし、いったい、どこの何者や? って感じ。

帰りもタクシーを捕まえて、わたしはそこで、また意識をしばしば飛ばしていた。
運転手さんは、あまり地理に詳しくないようだったが、行きとあまり変わらない、だいたい4,000円周辺の値段だった。
痛い出費だったけれど、やはりバスで倍以上の時間をかけて、無理するもんじゃない。

帰宅してから、叔父に「やっぱり4,000円くらいだったよ」と報告すると、彼は――やはり長期うつ病患者なのだが――、値段のことには触れず、「絶対治るっていう芯を持たなあかんで。病気っていうのはな、薬だけじゃ治らん。自分が治すもんやねん。動物もそやろ? あんな、ひたむきに生きて、乱獲されてもまだ頑張ってる。人間にも、そういう生きようっていう力が、備わってるはずやねん」と、コレマタ最後は、やや哲学的になるのだった。
この人は、すごく変わった人で、哲学の次は、超自然の話になる。
同じ病の人間として、精神的にはすごく頼りになるのだが、話が長引くと、アッチの世界に行ってしまうので、わたしは「俺が念波を送っといたからな」の声を聞いてから、早々に電話を切った。

で、いまは非常に疲れているけれど、朝よりはまし。
ああ、でもこれからまだ、運転免許更新と健康運動指導士の資格維持問題が残っている。
頑張れるだろうか…。

該当の記事は見つかりませんでした。