FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

元入院仲間のMちゃんの言葉

cup9

いのちの電話だか自殺予防センターの担当者が言っていた、「苦しさを楽にするためのナニカを探せ」という命題は、わたしにとって、まるで4次元の世界を理解しろと言われているかのように、決して自分にはわからないもののように思えて、わたしはさんざん??マークをあたまの上に飛ばした挙句、ついに元入院仲間のMちゃんに電話した。

「電話やっと繋がってんけどな~(Mちゃんがかの電話番号を教えてくれた)、担当者が『あなたは苦しさを少しでも楽にするための、考え方やなんかを探しなさい』って言うねん」
「え~~。きっつ~~~」
「でもなー、わたし、それ、他の人に言われたこと何回もあるねん。あなたには出来るはずやって」
「あーー…、なんとなくわかる……」
「そやけどわたし、なんのこと言われてんのか、さっぱりわかれへん。どうやら真実らしいけど、まったく意味がわからんねん」

Mちゃんは、すごく優しくて、他人より自分を犠牲にしてしまうような人だが、じつははっきりした考えを持っている。
ときどき自殺願望にかられるが、最近、かなりましになってきたらしい。
きっかけは、交通事故で、重篤な後遺症(知っている限りでは、左腕の麻痺・その他)を残してからだ。

「それはな、たぶん、わたしと同じように、ゆみちゃんの生きる力が強いからやと思うねん」と彼女は言った。
「へええ~…?」
「わたしもゆみちゃんも、こうやって、まだ生きてるやんかー。『この人は、いま、たまたましんどい所にいるけど、それを抜けたら、絶対うまくやれるはず』って、人から見てわかるんとちゃうかなあ」
「そうなんかなあ……」
「うん、ゆみちゃんもわたしも惑星じゃなくて恒星やねん。自分から光を放つタイプやねん。だから、いまは雲に隠れてても、それがなくなったら、また光を取り戻せるねん。大元を持ってるねん」
「へええ~~……」
「わたしな、事故に遭ってから、なんとなくそれが見えてきてん。でもな、すぐにっていうのは無理やで。すぐは絶対無理。少しずつ、少しずつ、やねん」
「へええええ~~~~~……」

わたしの知らない境地を、どうやら掴み始めたらしいMちゃんは、力強く力説した。
Mちゃんの言うことは、妙に説得力があって、わたしの中に、すんなり入ってきた。
彼女は、ほかにもいろんな例えを使って、説明した。
そっかぁ……、わたしがわからないだけで、わたしの先には、まだ道がついているのか…。

でも、具体的になにをどうすればいいのかわからないのは、相変わらずである。
ともかく、わたしは人から見て、まだ死ぬには早いということらしい。

該当の記事は見つかりませんでした。