FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

バスに乗って苦しむ。

bus

今日は通院で、マジ死んだ…。
いま、ビールで気力をつけて書いている。

GW中日のせいか、病院はものすごく混雑していた、薬局も。
でも、わたしはぼーっとしていたので、待ち時間はそんなに気にならなかった。
しかし、問題は交通機関だったのである。

わたしは、行きはタクシーで行ったが、今日は4,400円以上もかかってしまい、「やっぱりGWのせいか?」と考えて、帰りはバスで帰ることにした。
ところが、これがまたすごい混雑ぶりで!
いつもこんなのかどうなのかわからないが、立っていて誰かが話していた、「今日は100円の日じゃからのー」。
なんだ? 100円の日って。
わかんないけれど、みんななんだかのカードを持っている。
そして、みんな高齢者ばかりだ。

100円の謎はわからなかったが、わたしはあのバスで、いちばんしんどかった乗客ではないかと思う。
30分間くらいなのだが、最後の方では、立っていられなくて、揺れるたびにどかんどかんと人にぶち当たっていた。
知るかい。
そして、最後には、バーに両手で掴まって、かろうじて立っていた。
運転手も気がついて、料金を払うわたしに、なんだかいろいろ気遣いをしてくれた。
でも、こっから先がまだあるのだ。

次のバスに乗り換えなければならない。
ふらふらと歩いていると、ちょうどわたしの家のすぐそばまで行くバスが停まっていた。
わたしは、「乗ります」意思を伝えるべく、小走りしては歩き、小走りしては歩きして、ようやくバスに乗ったら、また人人人…。
今日は特別なのか、いつもこうなのか??

思わず、もう駄目だ…と、わたしはバスの入り口に座り込んだ。
もう、立っていられないんだから、仕方ないよ、人目なんか気にしていられない。
そうやって、ずっと座り込んで、地面というか人々の足、靴を見ていた。
何十分、そうやっていたかもうわからん。
ある停留所で、誰かおばさまが降りる際に、「後ろが空いてるよ」と言ってくれたので、「そうですか」と後ろの座席に座った。
座ったってっか、もう寝てたな。
ぐったり。もうろう。バスはきつい。
わたしは、散々な目にあった。

帰ってから、ビールを飲んでコロッケを食べてから、TVをつけてリラックスチェアに座っていたら、いつの間にか眠っていた。
そして、起きたときに地獄が待っていた。
く、苦しい!!!
しばらくの間、わたしは床につっぷして、うう~~~とかああああとか唸っていた。
無理しすぎた! やっぱりタクシーで帰ればよかった。

明日も寝込んでいるかも知れない。
失敗したな。
こうやって、失敗しては苦しんで、また症状が逆戻りして、よくなったり悪くなったり、自分で自分をコントロール出来ないまま、病気に翻弄されるのだ。

該当の記事は見つかりませんでした。