FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
16

世の40歳とは


panda2

いろいろな古い小説を読んでいたら、
「世の40歳とは、こういうものだ」
というような描写がいちいち出てきて、愕然とするのである。
いや、そもそも、40歳ではすでに物語の中心にはなれず、登場人物の多くは30歳代までである。
私は、自分が、世の中を陰から支える世代に入ったことを知る。

それにしても、一時代前の人たちって、妙に老けてないか。
田辺聖子の描く大阪男なんて、30代後半かそこらで、すでに、
「わしは男じゃ。男っちゅうーもんは云々」
とか言っていて、矢鱈じじむさいのである。
この作家は、10年くらい前に、若者が主人公の短編をいくつか書いていたが、読めたもんではなかった。
なにしろ、当時の若者像をまったく正しく捉えていなかったのである。
若者といえばコーラ、と思っているところにすでに誤りがあった。
ウーロン茶にしとけばよかったのに、と私は憤まんやるせない思いになったものである。

そして、私は、いまも怒りながら、同作家の小説を読んでいる(アホですな)。
「こんな40歳、私じゃないぞ!」
という思いである。
今と昔は違うと知りつつも、心の片隅では、
「もしこれがあるべき40歳の姿なら、私はいったいどうなるねん?」
と、無職で社会的地位も所帯もない自分に、一抹の危機を覚えつつである。…

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります♪)

該当の記事は見つかりませんでした。

16 Comments

sun says...""
コメント欄お帰りなさい (笑

自分が今の状態になって
10年がたちます。。間もなく30になろうかという時になりました
20の頃30を想像できたけど
今 10年後 40をイメージできない
正確には 自信をもてない。。
家庭をもてるのか? 収入は? 生活は??
若いってことで済まされていたことが
もう通用しない と 暗くなる事が。。がんばろうっと
2006.01.15 23:18 | URL | #sxjf8n0E [edit]
yukiko says...""
あぁぁ、同感。。
考えても仕方ないけど、やっぱり頭のどこかにそのことがいつもある。でも、あるべき姿なんて人それぞれさ。私は普通の人より成長がちょっと遅いと思うことにしています。だから、今は20代後半☆
2006.01.15 23:49 | URL | #- [edit]
かつみ says...""
私も久かたぶりに活字に触れてみました。
本は精神的に無害な司馬遼太郎(笑)
一番好きな作家でとても心に残る作品を書かれているですが、独特の淡々さがあまり心を乱されないので安心です。
司馬遼太郎といえば時代物で、とかく昔の方は本当に老成が早く40代ではもう人間ができてしまっていますね。
現代の人間が幼いのかな?
私ももうすぐ四捨五入すれば40代になる歳に(^^)
人間的に全く成熟しておりません。人生の折り返し地点に立つのでしょうが実感が湧きません。
不安はたくさんありますが、内科の病気持ちの私は長生きできればいいな~と。
生きていれば逆転チャンスもあるかも、です。
2006.01.16 00:40 | URL | #- [edit]
ちかこベィベー says...""
本の旅からお帰りなさい。(笑)
ご無事で生還できて何より。なんつって。

そうですねえ、私も頭の中は中学生の頃の自分と何らかわらんと思っております。
だって、基本はその頃出来上がるんじゃろう?とまで思っていたり。(笑)
ただ、無駄な争いをしなくなったり、良い意味での諦めが上手になったり、余分な物が切り捨てられるようになったのかな、とは思いますが…。
昔の人は今の時代より苦労している分、老成されていたのでしょうか?
人間的にも苦労して、引き出し一杯作らなくちゃ…
などと思う、今日この頃です。
(あー、自分って青い!!お尻も青いんじゃないか?!)
2006.01.16 12:16 | URL | #- [edit]
ウイパパ says..."40"
おひさでしたぁ^^*
助走が長ければより遠くへ跳べるよね
より高くより遠くへ。。。
2006.01.16 13:08 | URL | #- [edit]
知恵の友 says..."うぃっす。"
田辺聖子って、結婚物語とかだっけ?

最近も文筆活動はしているのだろうか。

いや、単においらが雑誌しか読まなくなっただけなんですけどね。
2006.01.16 13:11 | URL | #Mbc4LqBw [edit]
いとこ says..."田辺聖子サン"
ゆみさん、こんにちは~
田辺聖子サン、わたしは好きで何冊か読みましたよー
若い方(20代、30代)を主人公にして書かれる
小説はちょっと古い時代の若い人って感じで、昨今の
若者に比べたら、かなりオバチャン、オイチャン
してますよね~。田辺サンの時代はあんな感じだったのかな?~

2006.01.16 16:09 | URL | #l5vS3lZU [edit]
ララ says...""
たしかにムカシ読んだ本の中からすると
イマドキに比べたらちょっと老けた感がありますねw

ほとんどの人が思うところの「○○才はこんなかんじ」みたいな基準?があるようで
ソレに比べて若いだの老けてるだのといわれるのはスキじゃないので
自分なりの20,30,40代・・・でいけばいいかなーと思ってますが
やはりワカモノにオバチャンいわれるのはイヤだなーってワガママな気持ちもあったりするwテヘ
2006.01.16 20:20 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says..."sunさんへ"
私も、40歳の自分なんて、想像したことがなかったす。なってみて、「ふ~ん?こんなもんか??」と、気持ち的には、30歳くらいとあんまり変わってないです。他の人はどうだか知りませんが(笑)。
家庭を持つことって、そんなに重要なんだろうか。
私が女だからかも知れないけど、「将来、家庭を持つことが出来るのか?」という考えは、持ったことがないんですよ^^。
2006.01.16 22:22 | URL | #pHaCXMuM [edit]
由巳ゆみ@管理人 says..."yukikoチャンへ"
そうね~、なんか世間のいう30歳、40歳とは、自分はあまりにかけ離れていないか?と思うものの、その反面、「なんでホカの人と一緒でなきゃいけないのよ?」という気持ちも多分にあります^^。
自分で自分のことを「おばさん」って言う人が、実は私はあまり信用できなくてね、ふほほ。
2006.01.16 22:26 | URL | #pHaCXMuM [edit]
由巳ゆみ@管理人 says..."かつみさんへ"
現代の人が、昔の人(っていつかわからんけど)より、かなり実年齢より若いというのは、事実のように思えます。周り見渡してもそうだもん…、いまの65歳に、下手に「ご老人」とか言えませんよね。現役でこの人のどこが老人?っていう人、いっぱいいるもん。
でも、成人式で暴れる20歳を見ていたら、ちょっと眉間にシワが寄ってしまいますが…。いつまでも若く、と幼い、とは違いますもんね。
2006.01.16 22:31 | URL | #pHaCXMuM [edit]
由巳ゆみ@管理人 says..."ちかこベィベーさんへ"
ただいま、っていうか、まだ旅の途中なんですよ、実は~^^;。
本の山を見たら狂喜してしまって、こいつらを制覇せずに何とする!という境地に立ってしまったのですね。
私も、基礎知識的なことは、多くが中学生までくらいに、培われたような気がします。高校のとき、勉強してなかったから、多分事実です(笑)。
性格的なことは、社会に出てからかなり変わったと思うのですが…、でも、いい方に向かったかというと、どちらかというと、「昔の方がよかった」って感じがしないでもないです。
2006.01.16 22:37 | URL | #pHaCXMuM [edit]
由巳ゆみ@管理人 says..."ウイパパしゃんへ"
毎度毎度~。
私の場合、どこからが助走でどこからがジャンプなのか、よくわからない混沌とした人生です(笑)。
取り敢えず、今はジャンプではないようなので、これから加速していきまする。
2006.01.16 22:39 | URL | #pHaCXMuM [edit]
由巳ゆみ@管理人 says..."知恵の友"ジョージ"さんへ"
田辺聖子はいま、ハテ?どうしてるんだろう。
源氏物語の翻訳?とか書いてた気がするけど、あれどうなったのかな。
ああいう大家は、青春小説なんぞ書かずに、ムズカシイ本を書いている方が合っていると思いますがね~。
2006.01.16 22:42 | URL | #pHaCXMuM [edit]
由巳ゆみ@管理人 says..."いとこさんへ"
そうそう、「この時代の男女ってこうだったのかなー」って感じですよね。なんか、私なら憤死して生きていけないような感じ。
ああいう時代に若い世代を送った人々は、こうなるのね…という目で、読んでいたりします^^;。
2006.01.16 22:45 | URL | #pHaCXMuM [edit]
由巳ゆみ@管理人 says..."ララさんへ"
ほんと、昔の人って、よく言えば大人びている、悪く言えば老けてる~って感じ。いまの時代を生きる自分としては、「40歳くらいで、こんなに老けててたまるか!」という思いです。
若いやつって、意外と表向きしか見えていないもの…。髪型、服装で案外だませますから(笑)、要は、自分自身でオバチャンに扮しないことが、見かけ上の若さを保つ策ではないかと私は考えておりますです。
2006.01.16 22:51 | URL | #pHaCXMuM [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lifelovepain.blog22.fc2.com/tb.php/144-95a8b272