FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

精神病院・閉鎖病棟の実態

key3

2chって、嘘も多いからあんまりよくないなあと思いながら、暇なので、たまに見たりする。
その中で、「閉鎖病棟サバイバー」たちが、閉鎖病棟やその中にある保護室の実態などを、書いていたので、つい読んでしまった。

じつは、精神病院って、いまだに古い体質の病院があって、ピンからキリまで雲泥の差なのよ(まえに書いたかな)。
よく、当ブログには「精神病院 入院生活」という検索ワードで入ってくる人がいるが、わたしがいたのはピンもピン、それだって数ある病棟の中でいちばんいい病棟にいたんですよ。開放も閉鎖もね。
あれが、現代の一般的な精神病院だと思ったら大間違いですよ!
キリの方はね、動物園。
まえに、「どこにも病床が空いていなくて、仕方なく動物病院に入ったことがある」って書いたら、真に受けて、「は? なぜ人間なのに動物病院?」みたいに書いてきた人がいたが、あのね、人間を人間と思っていない精神病院なんて、信じられないかも知れないけれど、いまだにあるんですよ。
中は、動物の叫び声や喧嘩で阿鼻叫喚、まともな治療はみんな受けていない、収容所みたいな精神病院。
あれはね、誰が見ても「動物園」と名づけたくなると思いますよ。

だから、これから精神病院に入院しようと思っている人は、入る病院を徹底的に調べるべきです。
最低でも、病棟内の見学をさせてもらうこと!
これを拒否する病院は、怪しいとみるくらいの用心さが必要ですよ。
入院患者のプライバシーが…とか言い出すなら、やめとけ。
ご家族の人にはとくに言いたいけれど、家族だという理由で、患者に対して「保護入院」というのが出来る。
それはわたしのような、自分が納得したうえで入院し、自分の意思で退院出来る「任意入院」ではなくて、本人の意思に関係なく家族が(無理やりでも)入院させる、そして本人がいくら人権を唱えても退院することが出来ない法律である。
もちろんこれは、必要な場合がある。
幻覚・幻聴・妄想・自殺未遂・他傷などで、放っておくと警察沙汰にもなりかねない場合なんかだ。
でも、いったん病院に任せてしまうと、あとは病院の鍵のついた扉の中だからね。
なにが起こっても不思議じゃないと思う覚悟が必要ですよ。
つい先日だって、大阪の某精神病院で、患者が拘束されたとき死亡しちゃった事件があるけれど、病院はそれを隠匿したという悪質性にも関わらず、公判中のいまでも業務やってんですから。

つーなことで、わたしがあまりに精神病棟をお気軽に書いちゃったものだから、ご忠告の意味も込めて書いておきます。
わたしは嘘は書いていないけれど、わたしがいたのは、ほんとにピンの病院だから!
キリが歴然と存在するってことを、知っておいてくだされ~。
ということで。

該当の記事は見つかりませんでした。