FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

真夏の怪奇現象

yurei2

サテ、結局、わたしのネット環境については、プロバイダ、マイクロソフト社、S社(いま使っているセキュリティソフト製造元)、すべてに「うちではわからん」と言われてしまった次第である。

でもさ。おかしいもんはおかしいんだよ。
とくに、S社!
明らかな矛盾点があるのに、答えようとしない。
差し障りのない程度に、ログの一部を編集して出すわ。

******
11:57 S: お待たせいたしました。
11:57 Y: はい
11:58 S: ユーザーログインのメッセージはその時間にお客様がログインしたというメッセージでございます。
11:59 S: その時間にお客様が製品にログインしたことです。
11:59 Y: (でもわたしは)一度もログアウトしていないし、ずっとログインし続けていたんですが。
12:00 Y: たとえば、トイレに行ったくらいの時間で、勝手にログアウトしてしまうものなんですか?
12:04 S: いいえ、パソコンを起動してから、最初の時N○○○○○製品にアクセスしていただき、メッセージが記録されます。ユーザーのログオフなどがない限り、新たなログインの履歴は作成されないはずです。
12:04 Y: では、これは完全に、おかしいですね。
12:06 S: N○○○○○製品最初の時、ログインすると、履歴にメッセージが残りますので、
12:06 S: お客様は特に、心配しなくても、結構でございますが、
12:06 S: 現在、
12:07 S: ×××××××××××××ことを確認させていただきたいと思います。
12:08 Y: え? でも、おかしな点があるのに、納得できません。
12:09 S: おかしな点につきまして、ログイン情報が履歴に確認できるということでよろしいでしょうか。
12:10 Y: では、そちらでは、おかしな点があるけれど、それについては何もできない、ということでしょうか?
12:11 S: いいえ、お客様、お手数ですが、お客様仰ったのおかしい点は先ほどの3点のことですね?
12:11 Y: はい
12:11 S: 承知いたしました。
12:11 S: 少々お待ちくださいませ。ご案内させていただきます。
12:11 Y: はい
12:16 S: 「1つ目」につきまして、おそらく、お客様の側で、無意識で、その項目を無効に設定していただいたのかと思いますけど、
12:17 Y: 無意識はあり得ません
******

こんな調子で、質問から逃げられてしまうの。
つまり、わたしは最初の方で、「3つ目」の質問 : 昨日は私は、PCでずっと作業していたのに、その途中で「ユーザーが入りました」という履歴があるのはなぜか? という疑問について、話をしていたわけだけれど、
どこにも、その回答はなくて、「お客様は心配しなくても結構でございます(へんな日本語!)。え? 納得できないって? 承知いたしました。ご案内させていただきます。「1つ目」の質問についてですが、お客様が無意識にやったんでございます」って言ってるわけ。

どこが「承知いたしました」なのよ!!
理解に苦しむわ。
こっちがはっきり、「3つ目」の質問に対して「納得できない」って言ってんじゃん!!
「納得できません」「承知いたしました。少々お待ちくださいませ。では、次の質問につきましてですが」ってナンダ? この日本語の流れは。
だいたい、次の質問に対しても、「お客様が無意識でやったんだと思いますけど」って、なんつーー言い草……。

もう、こんな日本語を使うオペレーターが、次々と出てくるんだから、話にならないの、わかるでしょ?
ほかの部分だって、ほんとに意味不明な日本語。
理解に苦しむわ。

そゆことで、もうS社とは話をしないことにした。
なんで、こんなとこでグチっているかって?
だって、抗議したって、どうせ日本語が通じないから。
英語だって、怪しいもんだよ。
どこの国の言葉ならたぶん通じるか、それは想像にまかせるわ。

でね。
結局、こっちに「そのとき、わたしはパソコンを起動中であった」という証拠がないから、話をしてくれないわけじゃん。
その証拠が、昨日取れるはずだったのよ。
取り損なったの!

で、ここからがホラーな話になるのだが、ログを取りそこなった件を確認すべく、わたしはケータイの発信履歴を見た。
なぜなら昨日、また「ユーザーが入りました」履歴を見つけたんだけれど、その時間帯、わたしは完っっ全に、友人Mとチャットしていたからね。
そのチャットのログを取り損なったわけだけれど、わたしは友人Mとチャットに入るまえに、やつに電話したはずだから、あれ絶対にあの時間帯だったよな? とケータイを確認したのである。

やっぱりそうだよな、この時間帯だ。
と思って、ちょっとトイレかなんかに行って、友人Mに電話をかけようとしてもう一回、ケータイの発信履歴を見たらさ………。

…………、
き………消えているの…………。
昨日の発信履歴だけが、全部…………………。
……………………………………………………………。

ぎゃーーーー!!! 真夏の夜の夢!!!
急いで、ケータイ屋にかけこんで、修理に出したわ!!!
さすがに、ケータイ屋では、「それは、お客様の側で無意識で」とは言わなかったわ!!!
わたしは、そんな日本が大好きよ!!!
ってか、いま書いていても、背筋が寒いわ!!!!!

なんだっけ、えっと…、えっと、そうそう、くわばら、くわばら!!
塩ぱっぱ!! 塩ぱっぱ!! 塩ぱっぱ!!
あーーーー寒い!! マジ寒い!!!
誰か、お払いしてぇえええええ!!!
塩ぱっぱっ!!! 塩ぱっぱっ!!!

該当の記事は見つかりませんでした。