FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

久々のアルバム

usagi_tanpan

一昨日、久しぶりにアルバムを開いて、自分の学生時代の写真を見たら、ひょえーー! こんなに顔が変わっている! とどびっくりした次第なのである。

自分で言うのもナンだが、かわいいなあ~、やっぱり高校生・大学生時代は!
女には、やっぱり花盛りってもんがあるのよ。

ラブレターみたいなのも出てきたよ。
あと、当時付き合っていた恋人との写真とか。
こういうの、女性は置いておくもんなんだよね~。
シャーロック・ホームズも言っていたけれど。

そんで、少し心が痛んだ。
なんで、別れちゃったのかなぁ。
若くて、いくらでも次があるという時代にいたから、なんか少しでも気に入らないところがあると、すぐ別れていたような気がする。
ばっかだなーー。
女性は、いつまでも若くてモテるわけじゃないのよ。

で、全然モテなくなったいま(つーかまず外に出ろって感じだな)、あーつまんね、とオヤジ臭くビールをあおっているのである。
まさか、こんな大人になるとはね。
まず病気に罹ることを、まったく想定していなかったよ。
大誤算だ。
でも、20歳やそこらの人間に、「もし自分が病気になったら」を前提に、将来設計を描くのは難しいと思われる。

それと関係あるのかどうか知らないが、わたしは昨日、1日じゅう、イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』を歌っていた。
1日じゅう、飲まず食わずですよ?
どっか、おかしいんだなぁ、やっぱりわたしっていう人間は。
たぶん、なにかから逃げたかったんじゃないかな…、よくわかんないけれど。

…ここまで書いて、しばらく寝ていた。
あかん。
冒頭に述べたが、わたしはいま睡眠不足で、だがしかし、眠剤なしでは1~2時間以上続けて眠れないので、たぶん今日は1日じゅう寝ているんじゃないかな。
こんな身体に誰がした。
って、わたし自身か。

アルバムの、陸上競技選手時代の、健康そのものの自分に戻りたい……。

※追記:『ホテル・カリフォルニア』のラストの方の歌詞は、まるで自分そのもの。どうしても重ねてしまう。(出口を捜すんだけれど、逃げられないのです。)

該当の記事は見つかりませんでした。