FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

天下り企業の実態

yakusho

一昨日の早朝、チャット部屋で、眠れない精神疾患者同士おしゃべりしていたら、「天下り企業の団体職員」を名乗る男がやって来た。

彼は自慢げに言った、
「僕はね、今日は『なんちゃって出張』なんだ。でも実際は休みなんだよ。それで1日35,000円もらえるんだ。でもね、1日実働2時間だから、年収はたったの430万円なんだ」
と。

その場にいた多くが噴火したのは言うまでもない。
が、口に出して抗議したのは、わたしともう一人、ハロワ通いをしているT氏だけだった。
わたしとT氏は、天下り企業男を、責めたてた。
「遊んでいて1日35,000円もらえる人間が、普通にいると思っているのか!?」
「天下り企業の怠慢を自慢しに来たのか?!」
「たったの430万円ってなんだよ! 1日実働2時間でそんなにもらえる人間が、いまの時代、どれほどいるかわかっているのか?!」
「おまえのその遊んでいる金は、税金なんだぞ!!」

もう、まくしたてにまくしたてると、男はすごすごと、「すみません、すみません…」と言って、チャットルームを出ていった。
ふん。元官僚の犬が。なにをしに来たんだ。
不況で、多くの国民が、仕事がないか、低賃金に甘んじている時代なのに。
ほんとうに、「釣り(人を騙して喜ぶ行為)」かと思った。
でも、数字などがあまりに具体的であった。

もう来ないだろうと思っていたら、その男、驚いたことにまた、そのチャット部屋にやって来たのである。
昨日の夜のことであった。
あまりに部屋人数が多かったので、最初は気付かなかった。
しかし、あっと思ったら、みんなに混じって、いつの間にかそいつが調子よく会話しているのである。

わたしは瞬間、噴火した。
大文字のフォントで「こいつはこんなやつで、国民の敵だ!」とぶちまけた。
それはもう…、まるで…、わたしは全共闘時代のオンナであった…。
なんか…、こういうことはやりたくないんだが…、でもやっぱり、黙っているわけにはいかなかったのである。
T氏は「やつはまた来る」と睨んでいたらしく、ふだんは寡黙なのだが、ここぞとばかりマシンガンを放っていた。
ただ、彼は大文字フォントではなく、小さな黒い文字だったので、わたし一人がわめいているように見えたかもしれない。

結局、攻撃後、しばらく様子をみていると、天下りの犬は黙ったまま部屋を出て行った。
すると、ふつうに会話していた人たちが言うのである。
「落ちたな(出て行ったな)」

! …ちゃんと見ていたのか。援護射撃もせずに。
自分たちだけ楽しい会話を続けながら…。

しょせん、庶民なんてこんなもんなんだと思った。
バーチャルだから、じゃないだろう。
結局、多くの国民は、酒を飲みながら政治に対してしたたかに文句を言い、いざというときにはなにも出来ない羊の群れなのだ。

仕方ないので、わたしは新聞に投書した。
わたしは、有言実行になる。
政治に詳しいわけではないが、天下り企業の怠慢と搾取には、強い憤りを覚えた。

注)わたしが現在もらっている「障害厚生年金」は税金ではありません。念のため。

該当の記事は見つかりませんでした。