FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

時間がとんだ。

clock

起きて時計を見ると、針は9時過ぎをさしていた。
なにがなんだか、さっぱりわからない。
朝のはずなのに、暗いし、9時を過ぎるまで寝るわたしではない。

……ほんとうに、タイプスリップしたみたいだった。
訳がわからない。何度も時計を見つめる。

パソコンを立ち上げると、そこには確かに21:××と表示されていた。
ええっ、そんな馬鹿な。
わたしはいつ眠って、今日はいつなんだ??

必死で思い出しているうちに、どうやらわたしは、昨日夕方、納豆とチーズでワインを飲み、そのままばったり寝てしまったようなのだ。
おそらく、眠っていた時間は約4時間。
それにしても、そんなに大量のワインを飲んだわけでもないのに、この奇妙な感じはなんだろう。
もう、タイムスリップしたとしか思えない。

仕方ないので、チャットルームに入り、チャットで川柳を書いていた。
おい。小説を書くんじゃなかったのか。
だが、あれはPCで印字されたものでしか不可なのだ。
もう、日がない。うちの近所には、PC用インクなんて気の利いたものは売っていないし、今回は諦めだろうか?

それで、無駄なエネルギーの使い方をしてしまった。
川柳といっても、アホなことを焼夷弾のように投げ落とすだけである。
出来映えより時間が勝負だ。
なぜならこの日、チャットルームはよそから荒くれ軍団がやって来て、荒れ放題になっていたからである。
「なにこの混乱ぶりは?」とつぶやくと、一人がそれを教えてくれた。
だからといって、混乱は止まらない。
わたしは、うんざりして、「こんな混乱が続くなら、『シフォンケーキ白書2』(メンヘラーによるメルヘンな物語・はあと)か、川柳を詠むわよ」と書いたら、また誰かが「川柳頼む」と嵐のなかで言うので、わたしはもう画面なんか見ずに、ひたすら川柳を書き続けることになった。
内容は、もちろん荒くれ軍団に対する皮肉である。
あれ、不思議と「このやろー、出て行けバカ!」とやると大ゲンカになるが、川柳でぼそぼそっとつぶやくと、みな「う」と詰まってしまうのである。

そんなこんなで、すっかりネットの世界に疲れたわたしは、今日、久しぶりに真夜中の一人飲み会をやった。
家の裏手のバーへ赴く。
すると、そこでもワカモノ3人による喧騒が展開されていた。
でもこのバー、マスターがいいこともあって、客同士知らなくても「こんばんは」と挨拶するところがいい。

わたしは、音楽好きなマスターがかける70~80年代の曲を聴き、グラスホッパーを2杯飲んだ。
懐かしい。
マスターが、<シャカシャカ>とやっていると、それ、わたしにも! と先客が言い始めて、結局マスターは4杯の<シャカシャカ>を造らされる羽目になっていた。
まーどうでもいいけれど。足のついているグラスは、足を持たなきゃ、酒がぬるくなるよ…。

そんなふうにして、昨日と言うか今日は1日を始めている。
いま、少し眠っていた。
なにがなんだか、わけがわからない。

該当の記事は見つかりませんでした。