FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

うつからフラットへ少しずつ

bowl

診察日であった。
具合はどうかと尋ねるH医師に、わたしは、「自分では調子が上がったように感じないんですが、客観的には、料理したり音楽をかけてエアロビクスしたり出来るようになっています…」と答えた。

そうなのだ。
外出なんかは、億劫すぎてまだ出来ないのだが、家のなかでは、ごそごそ動けるようになっている。

とくに、料理が楽しいなあ~。
朝いちばん、ビールを飲みながらやるのだが、好きなものをつくれて幸せ~。
いままでのわたしは、料理なんか出来ればいいのよの世界だったが、いまはより美味しくするために丁寧につくること、などに腐心している。

H医師は、「そういうよくなり方がいいんですよ。少しずつ、少しずつ。いままで、入退院を繰り返していたときは、ばーんと上がったり下がったりしていたでしょ」と言った。
「そうなんですよ。もう、手に負えなくてね…」と母親が口をはさむ。

実際、いままでの主治医のときは、しんどかったなぁ。
いまにして思えば、躁とうつが混ざった「混合状態」と「うつ」を繰り返していたんじゃないかと思う。
年じゅう、苦しくて、「死んだ方がましだ」なんて数え切れないほど思った。
それがどーですか。いまの綺麗な状態は。
「躁」「フラット」「うつ」に数ヶ月おきに綺麗に分かれて、しかも「うつ」のときに床を叩いて苦しむような激しさがなくなり、ポカンと無気力なだけの仏像なわたしになった。
躁うつ病を診断出来る精神科医は、3人に1人と言われているから、もし、いつまで経っても苦しいうつが治らない場合、主治医を変えることは有効だとわたしは思う。

ともあれ、H医師がアタリでよかった。
いまのわたしは、鏡を見たら、自分でもわかるくらい、目に力がなくて、ぼよよ~んとしている。
でも、少しずつフラットに向かっているのだな。
恋人KJには、3月年度末までは絶対会えないから、そのあいだに、目ヂカラを取り戻そう~っと。
あんまり、ランランと輝かせると、今度は「躁ですね」と、H医師に診断されてしまうのだが。

該当の記事は見つかりませんでした。