FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

バター味のものが食べられる!

omuretsu2

一人暮らしを再開して、料理を始めて、いちばんの喜びは「バター味、チーズ味、牛乳味のものが食べられる!」であった。

うちの母は、幼い頃、牛の屠殺を見たのがトラウマになり、その後一切、牛関係のものは食べられなくなった。
肉はもちろん、牛乳もバターもヨーグルトも、み~んな駄目。
そういうわけで、うちのすき焼きといったら、なんと鶏肉が入っていたのだった。
すき焼きは、鶏肉でつくるとなぜか臭みが出て、わたしはこっちの方が牛肉よりたちが悪いよと思ったものだ。

まーすき焼きは、そんなにしょっちゅう食べるわけではないから、心のなかでブツブツ文句を言いながら食べていたのだが、かなしーのは、オムレツをサラダオイルで焼いてしまうことだ。
風味が出ない…。
おまけに、不思議なことに、うちの実家のオムレツには、ごぼうが入っているのだ。
ごぼう??
――わたしは、先日、ついに気になって母に「なんで、ごぼうを入れるの?」と尋ねた。
すると母は、えへへって感じで、「鶏肉にはごぼうが合うから」と答えるのだった。
…それは、けんちん汁からの発想ではないでしょうか、お母さま。

しかしこの、ごぼう入りサラダオイルオムレツは、父が気に入っていて、「ごぼう、いっぱい入れてや」などと言っていたりする。
うーん…。
たぶんこれは、独創性のあるオムレツという認識ではなく、「オムレツとはこういうものだ」と思っているふしがあるな。

そういうことで、どこの家でもあると思うが、うちの実家では、牛関係の料理がヘンである。
これからは、牛料理・バター料理を堪能するぞ~。

ところで、オムレツって、ひっくり返すのが異様に難しいわね。
実家では、うす焼き卵がぺろりんと乗っていたわ。
そこもまた、ヘンだったけれど、きっとひっくり返す練習をしなかったのね。
わたしは、マトモな形のオムレツが焼けるようになるまで、いくつ卵を消費するかわからないが、頑張ろうと思う。

該当の記事は見つかりませんでした。