FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

恋人KJと別れる


恋人KJと、ついに別れた。
別れ際の彼は、酔っていたのか、まるで誠意が感じられなかった。
わたしはいま、別れて正解だったと確信している。
彼はやはり、わたしの見立て通り、大阪に逢いに来るのを面倒くさがっていたのだ。

「ほんとうはもうわたしに飽きているんじゃないの?」
「昼間の、なにをしているかの問いには、やっぱり答えてくれなかったね」
「反論がなければ、その通りと理解します」
と言うと、KJは、「昼間は寝ていたし、そのメールに返信していないから、反論は出来ない」とずいぶん時間をかけて返信してきた。
なんだ、この文章は。
理解出来ん。
逃げ口上じゃないか。

でも、ほんとうにわたしのことを思ってくれているなら、一も二もなく「待ってくれ、反論がどうとか意味がよくわからないけど、話聞くから」って話にならないか?
なのに、「反論は出来ない」なんて。
これって、もうそれだけで「きみの言う通り、僕はきみに飽きてるよ」ってことじゃないか。

わたしは、仕上げにかかった。
「あなたは大阪の女と付き合うのが無理とわかっていて、ちょっと手を出してみただけでしょう。それで、いまは一応キープしてあるだけ。別れたい女にそっけなくして、女の方から別れさせるのは、あなたの常套手段だよね。ずるい男。わたしは、あなたを唯一凹ませた女性の元妻に敬意を表します。もう連絡しない。サヨナラ。」
ってなもんである。

別れて落ち込むかといえば、あ~ら不思議、なんだか肩が軽くなったような気がするわ。
わたし、ずっと何ヵ月も、彼に気を使い続けていたのね。
もう待たなくていいんだと思うと、これまた楽ちん。
どうして、あんなに彼の顔色を伺って縮こまっていたのかしら。
もっと早く、こうすればよかったのよ。

とはいえ、こんな早朝にブログを書いているわたしは少し変ね。
眠れなかったの。
でも、元気だから大丈夫。
頑張るわ。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。