妹とカラオケ - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

妹とカラオケ


昨日は、ジャンカラの半額日だったので、珍しく妹と一緒に歌ってきた。
彼女もわたしと同じく洋楽派なので、普通の人々と一緒に行くと、「こんな曲知らん」の顔をされるので肩身が狭く、つい一人カラオケになってしまうのだ。

妹は、カラオケにかなり詳しく、もはや高得点を出すためのゲーマーと化していた。
「洋楽は挑戦者が少なくてつまらん、でも演歌はすごいで!」と言って、わたしがトイレに立った隙に「津軽海峡冬景色」を歌って、わたしを思いっきり笑わせてくれた。
本人は必死なんだろうが、マイクを真正面から口に当てて、無駄なビブラート(必要らしい)をかけている丸めた背中が可笑しすぎる~!!
これって、もはやカラオケなの?
ゲームだよ…。

その後、今度は「二人で歌うと、得点が出やすいらしい」と彼女が言うので、ほんとかよ~? と思いながら、バナナラマの「ビーナス」を二人で歌ってみた。
一人足りないけれど…、でもなぜか得点出なかったぞ?
間違えていないんだけどな…?

結局、「このマシンは、変な得点の出方をする」という結論で、諸手を挙げたのだった。
途中でやめた曲に90点台が出たりするんだもん、訳がわかんないよ。

というわけで、洋楽のしらべなのでした。
はぁ。
みんなと行くとき、気を使って、洋楽でもビートルズとかスティービー ワンダーを歌っている自分は、結構しんどい。
もっと言うとね、わたしが歌いたいような曲って、そもそもカラオケ屋のマシンの中に入っていないのよ。
カラオケ屋さん、もっと洋楽のジャンルを広げて。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。